ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

ゲハジとよばれて 

さて、今日はどんな戯れ言を書きましょうか

今の所、このブログには明確な目的や目標とかは無いです。
書いていくうちに見つかればいいかなとか考えてます。

で、ゲハジとかカッコつけた名前つけちゃってますが、ゲハジさんに失礼かななんて思ったりします。彼は最終的に下手コいたとはいえ、大祭司の従者をやってたわけですから。ユダヤの民の中ではエリートだったのでしょう。翻ってワタクシなんかは高校も殆ど寝て過ごし、週三日の肉体労働しかしてこなかった人間のクズですから、ゲハジなんて名乗るのはおこがましいなんて感じたりするわけです。

しかしまーヘブライ語聖書で神に打たれてなる病気はらい病オンリーなのは何故なのでしょうか?もっと痛み苦しみのたうち回る病とかも出来そうなのに。

ちょっと“らい病に打たれる"のと排斥処置って似てる気がします。隔離されてさほど遠くない場所で生活できるけど汚れた存在として扱われ、接触を避けられる。

排斥処置ってのは旧約世界の感覚なのかな。
審理委員会も裁き人制に近い感じしますしね。

そう考えるとJWって新しい契約無視したユダヤ人と変わらないなぁ。

だけど髭はだめ。なんでだよ。髭生やしたらオレも少しはモテたかも知れんのにさ。あ、嘘コいた。

なんて中身の無い日記だ。
まずいな(´_ゝ`)
関連記事
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gehazi.blog41.fc2.com/tb.php/96-11ec1805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。