ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

奉仕とわたくし 

20080324222101
こんな路地を何度も何度も歩いてきたんだ。

多分、JW2世だった子供ほど(70から90年代前半限定)地元の地理に詳しい子供はいなかったんじゃないだろうか。

自分の校区以外の細かい道を知ってるのなんて

来る日も来る日も歩いていた。雨だって風だって休まない。
休んだらエホバが悲しむ。

母は自転車に僕を乗せて10キロは優にある奉仕場所へと連れて行った。

午前中の奉仕はみっちり3時間
あの時歩いた場所の足跡を今、見ることかできたら、町中くまなく続く小さな靴の形を見ることができるだろう。

母は不器用で真面目だったから手を抜く事なんかしないで千時間きっちり奉仕してた。
僕も一緒に千時間。

たいがい、昼は公園でパンを食べたりして過ごした。当時は安く食べられる外食屋などなかったし、食べ終わったらすぐに午後の奉仕だった。

恨みがましい感情は殆ど無い。
どんな形であれ母親と貴重な時間を過ごすことが出来たのだから。

ただあの頃、夏の暑さや冬の寒さの中ひたむきに歩いていた子供の気持ちが全くの無駄にはならないで欲しいと願う。

まぁちょっとキレイに書きすぎましたかね。

実際は早く帰りたくて叱られるの分かってるのに「あと何軒で終わり?」とか聞いちゃって
はい!ムチ10回ねー!
(ノД`)・°・ノオオオ!
みたいな世界だったんですが。
関連記事
CM: 3
TB: 0

コメント

unkobiru55さんへ

はじめまして
返事が遅れて申し訳ありません。

ご訪問ありがとうございます。古い記事にコメントが入って嬉しかったです。

なんと言いますか、今、私は母と立場上、コンタクトを殆どとれずにいるのですが、その母からあの当時の事についての思い出を綴った便りが届いたような気持ちでコメントを読んでしまいました。失礼ですね。ごめんなさい。

基本的には今の自分を肯定できない気持ちも強いのですが、あの当時、母が持てる最大の愛情を注いでくれた思い出は私にとって凄く大事な物になっています。それがあるので、ギリギリ人間をやっていられると思います。

全般的に下ネタばかりで、目を覆いたくなるような記事が多いとは思いますが、また時折のぞいて頂けると嬉しいです。

ありがとうございました

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/03/04 16:23 * edit *

ゲハジさんへ
お返事頂けるとは思ってもいませんでした。
初めて覗いた時の記事がこれでした。路地の写真と記事が私の心を離れません。
当時、子供の手を引いて歩いたのは皆純粋で真摯な母親、どこまでもついて歩いたのは皆お母さん大好きな優しい子供達…でした。
ゲハジさんの足跡が確かに見えますよ、涙で曇るけど、私はしっかり忘れませんよ、
そしてお母様に対する愛情もしっかり見えますよ。立場は違うけど、同じ時間を共有した仲間は沢山いるんです、一世の自分も子供達も。二世さんたちのその後を陰ながら応援してます。下ネタも楽しめるほど人生を謳歌しているんですね。
律儀にご返事ありがとうございました。

unkobiru55 #- | URL | 2009/03/11 11:36 * edit *

unkobiru55さんへ

雪の日や、台風の日に司会者と母と私だけで奉仕した時は、母から「頑張ったね」と言われて誇らしく思ったのを鮮明に覚えています。家の人には迷惑な話ではありますが…

> 当時、子供の手を引いて歩いたのは皆純粋で真摯な母親、どこまでもついて歩いたのは皆お母さん大好きな優しい子供達…でした。

ですよね。だれもが、純粋だったと思います。これはもしかすると美化してる可能性も多分にあるのですが、あの頃は会衆の人の悪口とかも殆ど聞かれなかったですし、皆が神様にその視点を合わせる様にそれは真摯に奉仕や集会に行ってた様な気がします。

> ゲハジさんの足跡が確かに見えますよ、

ありがとうございます。母と手を離さないで歩いた足跡がこれからの脱JWへの道へ繋がるといいのですが…。母から受けた愛を、JWという道ではないですが、良い形に転化させて子供に伝えていけたらいいなとも思っております。

下ネタも楽しめるほど人生を謳歌しているんですね。

ぐほっ。お恥ずかしい。そうですね。下ネタ言えるぐらい元気という事ですよね。
温かいコメントありがとうございました

ゲハジ #- | URL | 2009/03/11 22:24 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gehazi.blog41.fc2.com/tb.php/88-d130862f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。