ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --
ゲハジですっ!
this is it!
20世紀最高のエンターテイナー!孤高のイコンの最後の勇姿っ!
はっきり言って今年最高の映画!見ないと損するわよ!
私の好きな映画の内、三本の指が入る傑作です!

ああ、すいません。


this is it 観てまいりました。以下だらだらとレビュー?をば

某先輩ブロガーの素晴らしいレビューに感化され、観賞を決意しました。
ゲハジ小学校6年の時、テレビで放映されたBADツアーのドキュメントを見て、脳髄ズガンとやられたのです。当時はgoogleでbad lyricsと打てば歌詞がたちどころにわかるなんて事はありませんでしたから、テレビにラジカセをくっつけて録音し、空耳で歌詞を拾ってノートに書いて一生懸命歌ったものです。
そんな私でありますから、MJに最後に香典を送るつもりで見ることにしたのでした。

というのも、たかがリハーサル風景。それは単なるドキュメントの枠をでないのではないか。そんな風に思っていたのは事実です。大きな期待は禁物だ。そう自分に言い聞かせながらシアターの扉を空けたのでした。席に着くと、となりには太っちょカウボーイのような男性。ちょっぴり萎えました。


しかし、全ては杞憂でありました。

2時間程の間に、これほど何度も身震い、悪寒を感じた事は未だかつてありません。

流石はMJが人生最後のコンサートの監督をまかせたケニーオルテガ。マイケルの魅力を余すところ無く伝える作品に仕上げておられました。この映画の素晴らしい所はそのバランス感覚であるように思えました。MJを敬まうばかりのMJマンセー映画に堕すことなく、彼に対する良心的(好意的)批判姿勢も失っていないように感じられたのです。

しかしながら、マイケルの姿に神性を感じたのは私だけではありますまい。

冒頭、MJがバンドメンバーにベースラインのニュアンスを伝える為、ベースラインをスキャットをするのですが、もうそのスキャットで彼が音楽の神に愛された人間であり、その神性を纏った存在であることが伝わってきて2,3滴失禁せざるを得ませんでした。

もはやMJはバッハやモーツァルトなどの楽聖に列せられてもおかしくない。と言っても言い過ぎではない。そう思うほど彼のパフォーマンスは素晴らしいものでした。
正確に言えば彼を愛した音楽の神はリズム、律動の神なのでしょう。

彼の到底50歳には見えないムーブ。確かにリハ故の緩い動きも見られましたが、殆どのダンスシーンで後ろのマッチョ若者ダンサーが霞む程のキレを見せていました。

50を過ぎて美しいバラッドを歌える人は数多くいれど、ソリッドな楽曲を歌いこなし、踊れるのは彼をおいて他にいないでしょう。
サウンドチェックでも彼は渾身のダンスを挟みながら歌います。
やはりゲハジにとって白眉はThey Don't Care About Usでした。思わず敬礼しそうになります。

不謹慎でありますが、彼が公演前に亡くなり、正直、スターとして老いを見せる前に亡くなったのは、ある意味よかったのではと思ったりもしましたが、それは誤りでした。彼は最高のステージをやる力がありながら死んでしまったのです。本当に惜しい死だったのだと感じます。

彼が、ある意味で音楽の神に愛でられ、そして殺されたのではないかと思うシーンがありました。
彼がサウンドチェックで歌を歌い終えると「まだ僕はウォーミングアップしてるんだ。全力で歌わせないでよ」と言います。周りはその歌声を絶賛しますが、彼は非常に真剣な表情で、全力ではまだ歌いたくないと訴えます。
いやいやあんたが自分から歌ったんでしょ!というなかれ。彼は例え周りがスタッフであろうと周りの期待を感じると、振り切るほどのパワーで歌ってしまうのでしょう。恐らくは音楽の神に突き動かされて。

どう考えても、50歳の痩せた肉体があのパフォーマンスを支えきれるとは思えません。

そう考えると、彼は死すべくして死んだ。音楽の神の神性に人の肉体が耐え切れなかったのでは無いだろうかと。思えるのです。

堅いドラムのヘッドが、突然、破れるかのように、彼の体は空前絶後のパーカッシヴな音楽を鳴らしつづけたが為に終わりを向かえたのだと思うのです。

そして、この映画は彼の音楽の素晴らしさを伝えると同時に、彼の人間性の素晴らしさも記録しています。「怒ってるんじゃないよ」こんな言葉を挟んで、細かい指示をスタッフに与えます。そんな前置き無くても目の前のスタッフは喜んで指示に従うでしょう。しかし彼は、彼を厳しく育てた父親に倣わず、愛と優しさで人を動かそうとしていたのです。

彼の幼少期の映像と現在の彼が続けて映し出された時、彼の純真な笑顔が今もなお失われていなかった事に非人のゲハジも涙を禁じえませんでした。そしてその笑顔は永遠に失われてしまったのです。

マイケル。ありがとう、お疲れ様でした。
あなたがJWの人生を歩まないことで多くの人たちに希望や感動が与えられました。僕もその一人です。

この映画全体からゲハジが感じたのは、人間は目的や目標を持って懸命に生きる時、誰でも、どんな人でも輝きに満ちる事が出来るのだということです。MJは特別な才能があった訳では無いと思います。只誰よりも強く、輝ける自分を信じていたのではないでしょうか。

劇場に明かりが点ります。
ゲハジは隣で涙を拭う妻の手を握り、自分が輝きを見逃してはならないのはこの人だ。君の輝きを僕はもう見逃さない。と強く感じたのです。そして今日は君を強く愛そう。そう誓ったのです。

だがしかし、ゲハジはその夜、役に立ちませんでした。

this is shit.
-----

っ下らない、しかも落としきれてないオチと長くウザイ文章ですいません。
いやでもマジいい映画です!今からでも見れる方は是非!さらに公開期間も伸びたようです!
公式サイトはコチラ
http://www.sonypictures.jp/movies/michaeljacksonthisisit/
関連記事
CM: 10
TB: 0

コメント

That's it !

Oh My god…thats the exact point!
that I wanted to say. you`re a genius!!

ゲハジ殿、思わず英語がでますがな(笑)
マイケルが、ギターの女の子に指導してるとき
「I'm with you」って言ったよね?
そん時ゾクッとしましたワ。

で、DVD出ますんやろか?

alexus #0WFwsGvg | URL | 2009/11/06 18:38 * edit *

Alexusさん!畏れ多いことです

レスが遅れて申し訳ありません!

英語でのレスとても嬉しいです!って英語で書きたかった…orz

いやーでも、人生の炎をその最後に強烈に燃え上がらせたかのようにブリリリアントでしたねMJ

ギターの女の子可愛かったですね。(いやそこじゃない)ジェニファーバトゥンもそうでしたが、ギタリストにはブロンドで冷たい感じの女性をずっと求めていたのでしょうか。
マイケルが一生懸命指導してるのにツレない感じでちょっとビックリでした。
でも緊張してたのかも知れないですよね。
マイケルに「真実に言います。私はあなたと共にいるでしょう」とか言われたら!


DVDは出るようですね!更に映像が追加されて欲しいところです。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/11/09 09:23 * edit *

ボクも英語でレスします。

Gehaji san no reviyu-wo yonde,
boku mo kono eigawo miyou to omoimashita.
subarashii kansou wo arigatougozaimasu.
makotoni kare wa ongaku no kami ni aisarete imashitane.


うざくてすみません。

ゲハジさんのレビューで鳥肌立ちました。
ボクも、内容をナメてました。
見てみたいと思います。

what-tower #XFzQd7aY | URL | 2009/11/10 19:53 * edit *

神を見たと思いました

私もこの映画は本当に心動かされました。
感動とちょっと喪失感です。。。

素敵なレビュー読めて嬉しいです、読んでいて思い出したシーン、マイケルが歌い終わって「教会だ」って言われてたトコ。
やっぱ神ですヨ。

LIN #LkZag.iM | URL | 2009/11/12 21:34 * edit *

私も見ました

This is it すごかったですね。
迫力もマイケルの才能もすごかったですが、私が感動したのはマイケルがとっても周りの人に気を使っていたことです。

普通なら周りがマイケルに気を使うところ、マイケルは他の人たちが自分の小さい発言でさえどううけとるかよく気遣っていて

「怒ってるんじゃないよ。With Loveだよ」と付け加えてましたよね。。。こういう繊細な人だから苦しんだともいえるかもしれませんが

だからこそマイケルは特別だったと思いたいです。見ならいたいです。

今頃マイケルは神昇進ですね。

PW #22hNL7Yc | URL | 2009/11/12 22:53 * edit *

what-towerさん!

(笑)
(≧ω≦)b
コメントありがとうございます!

全然うざくなんかないっす!
コメントみて笑いを堪えきれないでいたら、娘が怪訝そうな顔で見てました。

因みにマイコーりょうの声で読みました。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/11/12 23:52 * edit *

LINさんへ

ご訪問とコメントありがとうございます!

喪失感。すごく分かるような気がします。
感動的なシーンであればあるほど、あぁもうこの素晴らしいアーティストはいないんだとゲハジも思いました。

church!
と言ってたあのシーン。
まさにダンサー達は神を見るかのようでしたよね。
兄弟の中で一人だけ御使いの名を付けられたのは何かのあれなのでしょうか…。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/11/13 00:06 * edit *

PWさんへ

わぉ!なんか国際色豊か?な感じのコメント欄になってきました!

ご訪問ありがとうございまーす!

イヤーモニターの音の注文を付けた時も、相当キてただろうに、自分が何故そう感じるのかを丁寧に説明して最後はサムアップ。

自分がパートを間違えた時もミスを、素直にアイムソーリー。

なんでしょう、あういう謙虚さって欧米に於いて異質じゃないかと思うのですが、どうなんでありましょうか。

僕も死んだ時、娘に大好きだと言われるように少なくとも妻と子供には優しくなりたいと思いましたです。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/11/13 00:17 * edit *

そうですよね~

●イヤーモニターの音の注文を付けた時も、相当キてただろうに

そ~そ~。周りの人たちは逆に「もっと気を使えばいいのに」と思うくらいでしたよね。特にマイケルがベースをもっとゆっくりとお願いしたら~、なんかミキサーだかなんだかは注意されたのがプライドにさわったのかぐちぐち言い訳してゆっくりにしないんですよ~。ね?

そんな時でもマイケルは全然イライラしないで辛抱強い。しかもそんな相手の言い分もキチンと聞いてあげて、いいところは同意したりほめたり。

聖人ですかね。(笑)

●なんでしょう、あういう謙虚さって欧米に於いて異質じゃないかと思うのですが、どうなんでありましょうか

とても珍しいと思いますよ~!こういうやさしい心を持った欧米の人たちは日本人にとっても共感するらしく、よく「自分は前世日本人だったと思う。」というような事をいいます。(笑)

●僕も死んだ時、娘に大好きだと言われるように少なくとも妻と子供には優しくなりたいと思いましたです

え~!!そうなんですか??実は私も全く同じように思いました。自分がしんだ時悲しんでもらうためによい人間になるよう努めよう、精進しよう!みたいな感じで。

長くなりました。すみません。

PW #22hNL7Yc | URL | 2009/11/14 21:56 * edit *

PWさんへ!

お返事ありがとうございます!

本当にあの映像を見る限りセイントでしたねー

>とても珍しいと思いますよ~!こういうやさしい心を持った欧米の人たちは日本人にとっても共感するらしく、よく「自分は前世日本人だったと思う。」というような事をいいます。(笑)

おぉそうなんですねー!興味深いです!
あの欧米人の自信に満ちあふれてしっかり主張なさる感じも悪くは無いと思うのですが…大事なのバランスですかね。

>実は私も全く同じように思いました。

ぬぉ!嬉しいです。せめて「お父さんは駄目な人だったけど、愛してくれてたんだよね」ぐらいは言ってもらいたい。難しいと思いますが(;´д⊂)

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/11/17 18:14 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gehazi.blog41.fc2.com/tb.php/352-033361e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。