ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --
この記事は真実に基づいています。
下品で汚い表現が含まれる為、特に食事しながらの閲覧は危険です。絶対に避けて下さい。
--

妻を愛している。それ故わたしは妻に隠し事をしない主義である。

しかし、愛しているが故に伝えられない言葉というものもまた確かにあるのが現実だろう。
例えば今朝、私が洗濯機に自分のワイシャツを入れようとした所、子供のものとは一緒に洗わないで欲しいと妻が言った。何故かと問う私に、洗濯物を干す時に大きさが違うと面倒でしょう。と応えた。それは真実ではないのだろうと暫くして気づいた。私の体臭が酷いので、一緒に洗ってしまうと臭いがうつってしまうのを避けたかったのだ。妻は精一杯の思いやりで表現を婉曲させたのだろう。それを不義と言うのは忍びない。私は悪臭のする男なのだから。

そして、ここに妻に伝えられていない事実を記す事にする。妻がこの記事を読んで事実を知った時、正直に伝えなかった私を憎むだろうか。これは愛しているが故に伝えられなかった事だと理解してくれるだろうか。




その朝、私は急いでいたと思う。家族と過ごす時間と言うものを考える時、私は何故か極めて強い焦燥感にかられる。平均寿命まで生きたとしても残り40年弱。二人が男女でいられる年月を考えればその時間は更に短い。

そのような思いを抱きながら、1日の活動を始めようとしたのだが、朝食を作る為の米が無い事に気づいた。実家から送られた玄米はあるものの、まだ精米していなかった。妻はまだ寝ている。自宅から車で市外へ20分程行った所に精米所がある。壁の時計を見る。7時30分。この時間なら渋滞にも巻き込まれないだろう。排便をし、車に米を積み、家を出た。まだ少し眠気が残っていたので、フリスクのブラックをかじりながらハンドルを握る。

その精米所はいわゆるコイン式であり、周囲は農地で、数件の民家が点在するばかりで人影は殆ど無い。数十メートル先には出来たばかりの市立体育館がある。
米袋を必死の形相で持ち上げ、米を精米機に投入する。財布には200円しか小銭が入っていなかった。これでは全てを精米するのにお金が全く足りない。精米所の横には清涼飲料水の自動販売機が備え付けられていた。行動を何者かに操作されているが故の不快感を覚えながらコーヒーを購入した。

精米というのは以外に時間がかかるものである。時間を持て余した私は買ったコーヒーを飲まざるを得なかった。缶コーヒーというのは何故斯くも不味い物なのだろう。CMに大物タレントを起用する金があったら、味の向上につながる商品開発をすべきだろう。見当違いな企業批判と共に勢い飲み干す。

この時点で時間は8時を過ぎたばかりである。交通量は増え、道路を挟んだ体育館の駐車場にもいくらか車が入っている。初夏の匂いがする。一陣の風が少なくなった前髪を、それでも爽やかに揺らす。今年こそ、脱JWに相応しいこの風のような、徳の高い人となりを身につけたいものだ。
ふと見上げると農家の邸宅だろう、立派な鯉のぼりが輪の様な口を広げ風に靡いていた。
私の思考も揺れるようにたなびく。
夏が近づき気温が高くなると女性の装いが薄くなる。目の保養、否、目の毒となる装いがそこかしこに跋扈し始める。中でも私は、チューブトップという服装が嫌いだ。乳房とは鎖骨を起始として、そこからなだらかに、ゆるやかに零れ落ちそうになる寸前の儚さを、第7もしくは第8肋骨の停止まで描かれる究極の曲線美に他ならない。それをその腹巻のお化けのような物で分断してしまってよい理などないのだ。
いや本当にそうだろうか。私は脱JWしてからというもの、自分が確乎たる信念を持って信ずる事柄に於いても自ら反証を加え検討を重ねることを常とするようになっているのだ。その考えは本当に正しいのか。近年、それもここ十数年で、日本人女性の乳房の形は格段に美しくなって来ているというのは、論をまたずとも明白な事実であろう。それは何故か。私の信ずる所によれば、それは。その要因は決して食の欧米化などの栄養学的な影響によるものだけに非ず、寧ろ服飾の変化による心理的要因の為せる業であるに違いないのだ。女性自身が肌を露出する服を着ることで、自らの体を前時代の女性より確実に意識させることによって、美しくなってきたと考えられる。それに加え、男性の視線がそこに注がれる事によっても更にその作用に拍車がかかるのだ。であるとすれば、チューブトップのように胸部を大きく開け、露出させる服にはいっそう乳房を美しくする効果があるのではないか。その形状が仮令一時、乳房を醜く見せたとしても、長期的に見ればそれは乳房の発展に資するものだとは言えないだろうか。これらの考えの根拠はこうだ。欧米の女性の体型もやはり服装の変遷に伴って変化してきているのだ。70年代のポルノを見るとそれが如実に示されている。日本とは比べ物にならない栄養価の高い食物を食べてきたであろう彼女たちでさえ--

不埒な考えに没頭していた愚かな私の体に異変が起った。どうやら車中で食したフリスクと先程飲み干したコーヒーが体内でケミカルリアクションを誘発したのだ。激痛が襲う。これはフェイズ6以上の危険水域だ。すぐにも肛門から液状の便が漏れ出そうである。いや実際バイオハザードは起ってしまっていたかも知れない。すぐにでも処理をしなければ大惨事は免れない。体内で沸沸としている便の量も尋常では無いことが直感でわかる。家までは確実にもつまい。
トイレ!トイレはどこですか!助けてください!
田舎の中心で叫ぶ私の窮状を知ってか知らずか、精米機は淡々と米を精製し続けている。
精米が終わった。爆発しそうな下腹部を堪えながら車に米を運ぶ。
確か以前もここで強烈な便意に襲われたような気がする。この糠の匂いと便意には相関があるに違いない。否、この精米の音がそうさせるのだろうか。
いやそんな事はどうでもいい。便所だ。便器だ。
農地でするか。
いやもう交通量が増えているし、通勤の人々も散見される。それは自殺行為だ。
辺りを見渡す。脂汗が背中を伝うのを感じた。道路を挟んだ向かいには体育館がある。その左手200メートル程先には広場に備え付けられたトイレが見えた。どちらに向うべきか。
思えば、人生はこんな選択にいつも彩られている。奉仕で次の家も、その次の家も同級生の家で巡回監督と奉仕している時もこんな心理状況だった。もはや私の思考回路は今わの際の走馬灯が巡るそれにも近いものになっていた。
広場のトイレを選択した。
走る。腹が揺れ漏れそうになる。歩く。
間に合わない。トイレに近づく私の目に絶望的な情景が映される。
トイレ入口のシャッターが閉まっていたのだ。
田舎ゆえに、若者がやり場の無い気持ちの扉を破りたいとトイレを破壊するのだろう。警備上の理由で9時以降にならなければこのシャッターは開かずと非情にも書かれている。馬鹿なヤンキーの為に、もっと愚かで、何てちっぽけで何て無力な俺はここで朽ち果てるのか。
諦めてはいけない。どんな時だって希望を捨ててはいけないんだ。
痙攣を始めた肛門を強く引き締め、最後の希望、体育館へと走った。
ゲハジの頭は、からっぽだ。何一つ考えていない。ただ、わけのわからぬ大きな力にひきずられて走った。

天は我を見捨て給もうた。

体育館の入口には、9時になるまで何人も入ること無かれと、またもや非情にも入館を拒む文言が冷厳に記されていたのだ。
もう駄目だ。目も焦点を失い意識が薄れそうになる中、私は最後の行動に出た。
車に駆け込む。
キーを回し、体育館の駐車場の隅へ猛スピードで滑らせ停車させた。
後部座席へ転げるようにして移る。
ゴミ箱として使用していたコンビニの袋を広げる。
パンツと下着を同時に下ろし、袋をあてがう。

わななきながら出した。
肛門はいなないた。
生命の息吹といえるほどのすさまじい勢いで全てが出た。

私はこの時、一点の意識になっていた。体の感覚というものがなかった。私にあるのは小さな菊のような形をした穴だけだった。暫しの後、意識が戻る。車内に充満した悪臭で吐きそうになりながら、事後処理をする。気付けば、両隣の駐車スペースに車が停められていた。見られただろうか。だが私は全てを服の中にぶちまける最悪のシナリオを回避出来たことに誇りすら感じていたので、衆目はさほど気にならなかった。気になったのは夫が車内で排便した事を妻や子供がどう思うかという事だけだった。だから私はこの事を正直に話すことが出来なかったのだ。

愛している。故に言葉で伝えられない事というのは、
確かにあるのだ。

--

その後、便とティッシュは特殊な方法で処理をしたのだが、それは秘匿させて頂こう。

胃腸を痛めている人が多いJW2世の諸兄におかれては、フリスクのブラックミントとコーヒーの食べ併せに十分注意されたい。

--
いや、精米に行ったら、車の中でウンコしちゃった。て言うだけの話なんですけどね。無駄に長くてすいません。

追伸:キティーさん。ばうちんさん。これでゲハジはウンコ会の役員の席は約束されたと考えてよろしいでしょうか。
む。もしかすると逆に降格でしょうか。
関連記事
CM: 22
TB: 0

コメント

お邪魔させていただきます。
ゲハジさまの文才には常日頃より
敬服いたしておりましたが・・・
今回の記事はまさに、手に汗握ると言いますか
菊の形をした穴が、キュッと締まるような感覚に
襲われるほど感動いたしました。

ただ気になるのは、便とティッシュの行方なのですが・・・何処へ?

sat #- | URL | 2009/05/25 12:35 * edit *

エリ エリ レマ サバクタニ

車内でペットボトルに小さい方なら経験ある桐島ですが、大きいのをブチかますとは、流石にゲハジさん。
ますます尊敬の念を強くしてしまいました…。

桐島マンローランド #- | URL | 2009/05/26 12:01 * edit *

ゲハジさん、こんにちは~☆

えらいめに遭いましたね!
私は普段ウンコを出してあげる側なのですが
「そない出かたせんでも…」って感じでしょうか? 
そう言えばつい最近、真理 真君とウンコについて
議論したばかりでしたので、この記事食いつきました(笑)

Alexus #0WFwsGvg | URL | 2009/05/26 17:10 * edit *

主宰監督へ

あぁ!Sat兄弟!
(やばいきなり牧羊にきた!)
ようこそお越し下さいました!(まずい、エロ動画がつきっぱなしだ!)

お越しを心より歓迎いたします
いや、気持ちでは頑張りたいとは思ってるんですよ。でも仕事が中々キツくてですね。
僕もせめて週1は支持したいとは思ってるんですよ。
でもあれです。個人研究は今でも一日に4、5回したりしてるんですけどね。

ってSatさんの所にお邪魔して書くべきでした。
いつも記事楽しみにしてます。ただ、現役当時も、ブログ界でもモテモテの兄弟に嫉妬していないと言えば嘘になります。眠りこけた奴隷のように歯軋りしながら読ませて頂いてます!

あ、うんこの行方ですか…。ここは他に姉妹達も聴いているので、第2会場で話しても良いですか?あ、ダメですよね。

はい、すいません。コンビニに捨てました。もう気が動転してて家のすぐそばのコンビニで…
いや、ちゃんと袋は縛ったんですよ。あ、はい。証言にならないのは分かっています。すいません。

え、注解の特権の剥奪ですか。分かりました。

って長くてすいません。
御大からコメントもらって舞い上がってしまいました。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/05/26 18:04 * edit *

桐島さんへ

いつもありがとうございます!
人間性、人生行路、私のそれは決して誇れるものなど無いのですが、ウンコ列伝に関してはリスペクトされても良いのかななんて自負しております。

次は漏らしてみせます!(嘘)

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/05/26 18:19 * edit *

Alexusさんへ

コメントありがとうございます!女性からは総スカンをくらうと思っておりましたので嬉しいです。

そうでしたAlexusさんはプロなのでした。
摘便を事も無げにされる美人看護士。最高です。すいません。

え、あの解約の真理さんですか!!清らかな排便をなさりそうなイメージですね。

お二人は英語堪能なんですよね。羨ましいなあ。
出来れば僕の体験も英語で世界の元JWに読んでもらいたいんですけどね。

嘘です。海外にはこんな馬鹿なブログ無いですよね。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/05/26 18:48 * edit *

いろいろとお疲れ様です~

この記事を一度単語に分解してゲハジ下(しも)語を抜き
再構築すると、
うっとりするような文章になるような気がします(*・ω・)

すごい才能感じますです!

丸太 #hrMFr9b2 | URL | 2009/05/27 00:21 * edit *

疲れました。

記事とは無関係なコメントで失礼します。
実はこの桐島、一応は現役さんなのですが、最近ふわりと緩やかに「排斥」処置のかほりがしてまいりました。
失礼ですが、ゲハジさんは所謂「排斥組」のお一人なのでしょうか。もしそうでしたら、どのような心構えで審理委員会等に臨まれたのでしょうか。
桐島的にこれまでの人生振り返ると、ろくなものではなかったなーと夜もおちおち眠れずに時間をやり過ごしています。

長文失礼しました。

桐島マンローランド #- | URL | 2009/05/27 02:57 * edit *

やーい

うんこうんこー!
つうか、うんこネタなのに文才を誉められてるそんなyouが憎たらしいです。マジで。
しかして我が家の場合は夫がパンツにうんこつけてくるとか、車中で青い顔して「ヤバいマジやばい。やったらだめだよね?」みたいなのを見ているうえ、あまつさえ野グソ経験談も結婚前に聞いており、わが夫にもゲハジさんのような奥ゆかしさを持ってもらいたいなあと思いますうんこ。

りな #- | URL | 2009/05/27 08:23 * edit *

ゲハジさんたら、うみのだんなサマには
「野で行え」って言ったじゃなーい!
ゲハジさんだけWCを探すなんてずーるーいー♪

理由不明なトランクスの減少により、
最近激安一枚180円のトランクスを大量買いしてきたうみより。
(どーせすぐ黄色く染まってどこぞに捨てられるかと思うと高いトランクスなんて買う気になれーん!)

うみ #- | URL | 2009/05/27 14:00 * edit *

丸太さんへ

ありがとうございます!

下ネタを取ってしまうと其処には何も残りなどしないと思っていました。下ネタこそ私の本質だと思うていたのです。だのに、それ以外の部分に光を当てていただけてまっこと嬉ゅうございます。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/05/27 17:08 * edit *

桐島さんへ

あ現役であられましたか!だのにこんな下品ブログを見つけていただき感謝です!

はい、排斥野郎マクガイバーです。

ですので老婆心ながら、将来起こりうる諸問題を考慮すると何とか排斥は避けて頂きたいところです。

しかしながら避けがたい状況もあるかと思います。

審理委員会への気構えですが、私の場合、全然マイコンが聞いた状態でしたので、まな板の上の鯉、いわゆるマグロ状態でありました。自分が罪を犯したのだからどんな処分も甘んじて受けようてなもんです。

詳細は次回のエントリに含めたいと思います。

参考にはならないとは思いますが、読んでいただけると嬉しいです。

不眠は健康の大敵ですので、どうぞ無理をなさらないように。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/05/27 17:25 * edit *

ママー!りなちゃんが苛めるー!

あら、ゲハジったら嬉しそうにして♪

毎度キモくてすいません。

まあアレです。ヘルパー2級取得の際に、オムツ体験をしたのてすが、妻に匂い立つオムツを交換してもらったのはクラスの中で私だけだったという変態ぶりに免じて、丸太さんに褒められていい気になってる点はご堪忍頂きたい。

車中で「やったらだめだよね」「だめ」「あ、ご、ごめん」みたいな流れに萌えました。

おしっこ。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/05/27 17:40 * edit *

うみさん!

コメントありがとうございます!

家に帰ってから捨てたのか、どこかで捨ててノーパンでお帰りになったのか、気になるところです。

一瞬、他の女性宅に忘れたのでは!と思ったのですが、うみさんみたいな綺麗な奥さんがいてそんな事するわけねーか。と1人で安心したトランクスでは尿漏れが防げないゲハジより。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/05/27 17:51 * edit *

家庭のゴミ持ち込みお断りいたします。

袋につめた○ンコもだめよ!

コンビニ店主 #- | URL | 2009/05/27 19:04 * edit *

コンビニ店主さま

ド、ドニ先生でありますか?
本当に申し訳ないです。ごめんなさい。

自宅から歩いて3分のコンビニに何故捨てたのか、全く自分でも理解できません。所謂精神耗弱状態だったと思うのです。とはいえ犯行時には責任能力があったと思われるので言い訳の余地など微塵もございません。

私の穢れた糞便を可愛らしい店員様が処理した事を考えると罪の意識で興奮して眠れません。

いやマジで反省するべきですね。すいません。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/05/27 20:04 * edit *

マクガイバ-最高

丁寧なお返事、ありがとうございます。

やはり排斥処置という取り決めに甘んじた場合、後々何かと不都合が生じるのでしょうか?
しかし排斥&断絶者には挨拶もしちゃいけねぇーなんて規則は、かなり極端な気もしております。それ最初に決めたの誰でしたっけ、パウロでしたか?
その「言いつけ」を未だ頑なに守っているこの組織の体質は、良くも悪くもなかなかキリスト教原理主義に近いものがあるのかも知れませんね。

審理委員会とか面倒くせー。
次回の記事、楽しみにしてます。

桐島マンローランド #- | URL | 2009/05/27 20:52 * edit *

JWで検索してたらたどり着きました。
これから度々伺います。では
http://d.hatena.ne.jp/yukikkusu/20090731

YUKIKKUSU #- | URL | 2009/05/31 18:49 * edit *

桐島さんへ

やはり家族や友人との関係を事実上断たれますので、その関係を維持したいと思う方はつらいかもしれません。

審理委員会は今考えると二度と体験できない宗教組織の儀式なのでちゃんと記録をとっておけばよかったと後悔しております。

でも、これからJWと全く関わらない方にとっては時間の無駄でしかないので、欠席するのがいいと思うんですけどね。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/06/02 05:58 * edit *

YUKIKKUSUさんへ

御訪問ありがとうございます
冒頭の記事を読ませて頂きました。

この世界に対する認識に共感しました。
我々の手はやはり血塗られていると思います。

自分が生きるに値しないのか、世界が生きるに値しないのか何れにせよあまり楽しい気持ちにはなれずにいるのですが、何とか生きております。

追伸:

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/06/02 06:28 * edit *

こんにちは。来週には審理委員会が開かれそうです。もしゲハジさんのご都合さえ良ければなんですが、是非何らかの参考にしたいので、審理委員系の記事を宜しくお願いします。

桐島マンローランド #- | URL | 2009/06/06 12:10 * edit *

桐島さんへ

すいません今記事をあげました。
危急の事態とは知らず、くだらない長文を書いてしまい申し訳ありません。

来週ですか。
時間が無いですね。他のサイトでいい文章が無いか私も探して見ます。

ここを観てくださってる方で有用な情報をご存知でしたら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。


ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/06/06 12:28 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gehazi.blog41.fc2.com/tb.php/298-e9fc6c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。