ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

ニアミスサドネス 

バスを降りて家に向かって歩いていました。降り続いた雨が上がり、気持ちの良い匂いがしました。けれども自分は俯きながら歩いていたのです。俯きがちに私は路傍の花々に気がつきました。

flower

花は美しい。しかし、何故花は群生しても美しいと感じさせるのだろう。もしこれが乳房だったらどうだろうか。完全な形の美しい乳房があったとしよう。しかしそれは群生していたらきっと美しくは感じられないのではないだろうか。そうだ、やはり乳房はそれ自体で美しさを完成する物ではないのだ。その上に位置する鎖骨、横を額縁のように装飾する両腕、その下を優雅に支える芸術品のような台座の如き腰部のくびれ。それらがあって初めて完成する芸術なのだ。

そのような妄覚を抱きながら歩いておりますと、前から二人の男性が近づいてくるのに気がつきました。かつての私の友人達、すなわちエホバの証人の人々であります。彼らは恐ろしく遅い速度で歩いていました。何と哀れな人たちなのでしょう。真理とは程遠い1世紀前の新宗教家の呪縛に縛られ21世紀の今、来るはずも無いハルマゲドンをふれ告げ、目標の無い人生を歩んでいるのです。私は彼らとすれ違う時に憐憫の目を向けてやりました。

数日後。

私は妻と久しぶりに二人きりで出かけ、夕食をとある焼肉屋でとることにしました。あまりお金が無いので2,3皿を頼むのが精一杯でした。それでも妻は私に笑顔を向けてくれていました。そこへ、先日すれ違ったエホバの証人がお店に入ってきたのです。彼らが座ったのはちょうど向かいの席でした。なんとはなしに声のトーンが低くなります。別に後ろめたい気持ちはありませんでした。彼らは乾杯こそしないものの、楽しげにお酒を酌み交わしたくさんの肉を食していました。

私はチンと明かりがつくように気がついたのです。

そこにいた彼らの殆どが自営業を営んでいます。かつて彼らは週3日の働きで20万強の収入は確実に得ていました。現在でも恐らく状況は変わらないでしょう。寧ろその食べっぷりを見る限り、状況は良いものになっていると考えられます。そして彼らは会衆での良い立場を得、長老として人々を牧し、慕われているであろう事も容易に想像できます。
翻って私はといえば、朝始発に乗って、日雇い人夫のような仕事を周5~6日こなして20万弱の収入しかありません。そして友人はおらず、社会でも最底辺のヒエラルキーに属しているのです。

収入もしっかりあり、神に仕える業も弛まず行う人。
神にも仕えず、収入も無い人。
どちらが人間としてまともか。問うまでもありません。

私は、去る日に彼らを蔑む様に笑った自分を呪いました。
そして、目の前にいる愛する人の目を見ることが酷く憚られました。
関連記事
CM: 4
TB: 0

コメント

それでイイじゃん

オイラも30代半ばにして毎日10時間の労働を毎週6日こなして一ヶ月の収入は20万円弱。
その1/3が家賃、1/3がローン、残りで生活してる状態だけど、JWという束縛から解放されて本当の自由を満喫しています。
いくら収入があっても、花の美しさにすら気づけない生き方には戻りたくありませんね。
ゲハジさんの文章に共感いたしました。

・・・個人的には形の良い乳房よりも、授乳期過ぎた軟らかい垂れ乳のほうが好きなんですが、そこは見解の相違ということで(笑)

ドニ #hr9mqn9g | URL | 2009/07/07 12:52 * edit *

ドニさんへ

全俺が泣いた。
気遣いのあるコメント本当にありがとうございます

ドニさんみたいに人を気遣える器のデカい男になりてー。

頭が悪いせいか自分の今、享受している自由を失念してしまうのを何とかせにゃあなりません。

そうですな私も乳房は四十路を超えて初めて完成に向かうものだと思っております。
かたせ梨乃万歳!

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/07/07 18:13 * edit *

肉食系

ゲハジ様、優しい。苦しい中でも家族のことちゃんとかえりみている。

jwの人は、うそ述べ伝えている事に気が付いていないだけでも痛い。楽している自営のjwって、常識無い人が多くて嫌だった。

一皿でも二皿でも、苦労して働いて手に入れたもの。貴重なご馳走。家族の皆が分かっていますよ。

きっと、すごくおいしかったでしょうね。

かりんとう #- | URL | 2009/07/08 23:20 * edit *

顔だけはやたら肉食系。

かりんとうさん
心優しいコメントありがとうございます。

そうですよね
「こんな食事でごめんね」より
「一緒に食べれて嬉しい」と感じて、それを表現した方が全然建設的だと思いました。

自営のJWの方は成功なさってる分、疑問とか持つ機会が少なそうですね。

彼らに負けないようにがんばろっと。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/07/09 06:08 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gehazi.blog41.fc2.com/tb.php/296-f25694d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。