ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

リハビリ&セラピー 

いつもの文章も勿論そうなんですが、今日のはほんとに独り言と、愚痴、自分への呪いでしかないのでお読みになることをお薦めできません。

--

体の中を憎しみが駆け巡っている。職場の人間とのトラブルによるものだ。こういう時、私は狂気の人となる。家族で食事をしている中、妻が心配し、「どんな事を言われたの」と言うと、その人間の発言が頭の中で再生され、増幅され、第5~7胸椎の辺りを鷲掴みされたような感覚に陥って前後不覚となる。大きな声で叫びたくなる欲求を辛うじて抑えて寝室で布団に包まり、側臥位で足を抱き、幼児退行を起こす。頭の中でその人間に対する復讐を思い描く事で、体中に響いていた心音が落ち着く。子供が心配し、声を掛けてくる。多感な時期にこのような痴態を見るのは明らかに健全な教育を阻害する者に違いない。このような異常な精神状態が襲ってきた時に、瞬時に回復する方法は無いものだろうか。しばらくして、録画されたアメトーークを鑑賞する。森山中黒沢の芸を見る。彼女はかつて3人の中で最も目立たず、何をいってもスベるような存在だった。だが、現在はどうだ、歌芸や、コメント、全て3人の中でも最も輝いている。今の森三中を引っ張っているのは黒沢だと言っても過言ではない。才能はいつどこで開花するかわからないものだ。そんな事を考えている内に回復してきたようだ。所詮お前の苦しみなど、お笑い番組で解消されるほどの卑小なものでしかないのだ。ゲハジよ。いや、日曜日よりの使者の例に見るまでも無く、笑いとは、お笑いとは時に命を救う場合さえあるのだ。ありがとう千手観音かずこ。

--

いやもう、頭おかしいんですけど、昨日、妻と安っぽいファミレス行ったんです。久しぶりに二人きりで出かけたんですが、通された席についてびっくり。対面のボックス席にかつて友達だったJW達が会食されてまして。その中には本当に僕によくしてくれていた兄弟もいて大変気まずかったです。向こうは僕の事など記憶に無いのか、普通に談笑してました。それは楽しそうに会話とかしてて複雑な気分になりました。元気でいてくれてよかったと言う気持ちと、彼らが真理だと思っていることが間違っているのを知っているのに知らせないでいる罪悪感と、彼らが自分を組織の規則に従って無視している事への悲しみと、その愚かさを嘲弄したくなるようなさもしい感情と。色々入り混じっていました。その兄弟たちの中には、かつての私よりJWとして明らかにやる気がなかった(勝手な憶測)兄弟もいて少し驚きました。それなりに大変なJW2世の人生ですが、JW企業とかに勤める事が出来て、親も健在で経済的な心配とかなければある程度流れに乗って辞める発想など抱かなくなるものなのかなぁとか思いました。

--

今、なぜか記事を書き上げるモティベーションというか、気力が無くなってるような気がします。いや、そんなら辞めたらええ。お前さんの自由じゃ。という話なんですが、今の所、金をかけられる趣味とか持てない状況でありますし、一部の心優しい方からコメントなども頂けると嬉しいですし、文章を書きたいという情動そのものは衰えていない為、心の中でせめぎ合いが生じています。書きたい。でも書けない。こういう時は筆を一旦置くという手法もありますが、私の場合、書くのを止めると脳みそが文章を考えない虚無モードにすぐなってしまうので、なるべく下らない文でも書いていないと駄目なのです。ってこんな事、公開する内容じゃねーな。

--

と言う事で、JWに関して言えば書くべき事を書く事が出来たならブログは卒業するべきものであるような気がする。書くべき事とは何か。JW問題に対する自分の視点とその問題の解決方法やその軌跡だと思う。であるのに、振り返ると私は自らのJW問題に対する視点や姿勢を隠すように記事を書いてきたきらいがある。JWに関する所見を正直に書こうとすると多くの人と衝突する事になる危険を恐れてきた可能性が高い。非常に醜い浅ましい根性だと我ながら思う。そう認識しているのであれば、それに従って行動を起こすべきだろう。だからこれよりは自らのJWへの思いを綴る記事をあげていこうと思う。そもそも誰の目にもとまらない事を前提として書き始めたブログなのだから何も恐れる事は無い。筈だ。


関連記事
CM: 2
TB: 0

コメント

うんうん、その通りだと思うよ。
ってか、別にJWに拘らなくても普通にこのブログ面白いし(笑
オイラは楽しみに読んでるから辞めないでね!

ドニ #- | URL | 2009/02/23 05:04 * edit *

ドニさんへ

ありがとうございます!
これからは真面目な記事ばかりあげていきますが(嘘)どうぞ見捨てないでくださいませ!

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/02/27 19:27 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gehazi.blog41.fc2.com/tb.php/266-e10b8c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。