ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

too close to love. 

くどいなと自分でも思うのですが、先回の続きです。

wisdomさんの意見、反論の一つ一つはそれ自体に間違った事は含まれていないと思えます。そして、今まで書かれてきた記事も、僕が読んだ範囲では、そこまで、常識を逸脱した内容は見たことがありません。宗教や人に凄く関心があって、善人であろうと努力されている方と言う印象でした。その方が何故、「あんた大勢から嫌われてるよ」と言うような事を言われなくてはならないのか。今回の事があるまで大変不思議でした。

これは、りなさんがすでに指摘されておられるように、距離感の問題だと思いました。

例えは、すごくいい香水。これ良い匂いでしょって、少量を適度な距離で嗅がされれば、ほのかに香ってくれて良い気持ちになれますが、鼻に直接噴霧されたら「くさっつ」ってなるのと同じでしょうか。

アロマオイルも適量なら、リラクゼーション効果が生まれたりしますが、精油をそのまま体に付けたりしたらアレルジーを起こしたりしてしまうのと同じでしょうか。

なんか違いますね。

あれです。北風と太陽はどうでしょうか。太陽のように暖かな気持ちで人に影響を与えるのは良いことなんですが、太陽が近すぎたら「アツっつ」。てなってしまう事とか。

うまく言えませんが、そういう距離的なものに対して、多くの方が違和感を持たれたのかなと想像しました。

これはwisdomさんお一人の話ではなく、もちろん私を含め、宗教をされてる人の類型の一つかな、と考えます。宗教をされてる方というのは人類の事とか地球の事とかを考えておられる故に、人類みな兄弟的な思想が多いですから、誰でも知り合った人には愛を示したいと感じるかもしれません。で、その愛には、普遍的に良いとされる行動規範みたいなのが含まれてて、こうしたら幸せになれるという知識を人に教えてあげたいという言動につながりやすい。

でも、多くの人は、行動規範や倫理的決定などに関して自分で考えて決めたいと思ってるんではないでしょうか。私のような盆暗は、そういう事を教えてくれる人に対して「マジっすか。あざーす!」となるんですが、多くの人はそういう事は自分や家族で決める事で、あまりゆかりの無い人に言われたくない。となるような気がします。

wisdomさんが暴言の理由を推測して、相手に伝えるまではwisdomさんの分で、でも、その先の許すか許さないかと言うのは、もう完全に当事者の方の分なので、「許してあげてください、痛みを見てあげて下さい」となると、多くの方が「距離近っつ!」と感じられるのではないでしょうか。

でも、結局、wisdomさんがご自身の愛に基づいてそうされるのは自由なんですよね。で、それに対して怒りを覚えるのも自由。じゃぁ俺はいったい何を書いてるんだろう。

あ、だから、wisdomさんが、怒ってる方に対して本当に講和を望んでいらっしゃるなら、今回怒ってしまっている人の感情を逆なでするのは逆効果、というか、なんか、愛を求めての行動が本末転倒になってしまっている様に見えるのが残念なのかもしれません。

もし、聖書で説かれている愛のような事を実践するのであれば、「でも、私は悪気は無いんです」というニュアンスの言葉を仮に正しいとしても使ってしまうと、いつまでたっても和は訪れないかもしれません。

何かwisdomさんに対しての一方的な記事になってしまってますね。

というのは前の記事でも書きましたが、僕もこの点が夫婦に於いて挑戦となっているからです。(←JW用語でしょうか。)ですので、人事だと思えずにいます。
ですが、夫婦は基本的には和解しなければ、悪影響が罪の無い子供に及ぶので、どんな犠牲を払っても和を図るべきだと思いますが、web上での価値観の軋轢は大人同士の問題ですから、当然、wisdomさんが一方的に謝る義務は無いと思います。解決を望まない選択肢だってアリだと思います。

なんといいますか、怒りを覚えている相手に対して、釈明しつつ許してもらうのは難しいのでしょうね。いや、でも仲直りしたいが故に釈明したい気持ちも凄く理解できるんですけどね。

webにはルールは無くていいけど、人の心の交流にはある程度の常識とされる、守るべきルールがあるのかも知れません。ゲハジ自身それが何なのかよく解っていないのですが。

まとまってなくて本当にすいません。

いずれにせよ、ゲハジはwisdomさんの宗教や哲学の豊富な知識に基づく記事をこれからも楽しみにしてます。


--
追記:

wisdomさんが”宗教がお好きな事、研究生としてJWに関わっておられる点”を非難する向きもあるように感じているのですが、私はそれはちょっと違うなと思っております。もしかすると読み違えている可能性もあるのですが、この宗教に関わった人は、研究生だった時期がある訳で、何ゆえその点を非難できるのか解らないでいます。JWの良く見える部分に惹かれたのは誰しも一緒じゃないのかな。なんて。
人の心の問題にヅカヅカ入って来るのは一部の現役の方、組織で権力を持っている方の十八番、常套ではないのでしょうか。脱JW出来た方は、まったくそうした事を行なって来なかった自負があるのでしょうか。生活の全てをJWに捧げて苦労した経験がないから駄目なのでしょうか。もし経験の差が問題なら、1世の方は、ムチに関して何も発言すべきでは無いという意見もありとなったりしてしまうような。僕はそう思えません。でも、かくいう私も自分より裕福だったり、大学に行けたり、楽をしているように見える年代の違うJWには嫉妬していますが、それは声高に言えるほどカッコの良いものではないような気がします。

oops! I lost myself

ぁあ、なんか足元から焦げ臭い匂いがするような感覚がします。

そして、もし私のような性格の悪い現役がいたら、こういうネットの状況をほくそ笑んでしまうような気がします。ハハ、背教者同士いがみ合ってるよ。と。それもまた悔しいような。
関連記事
CM: 7
TB: 0

コメント

お邪魔します(^O^)

生意気ですが…物事の本質を見てらっしゃって素晴らしいと思います('-^*)/

私が抗議しているのもまさにその点、もっと言えばその相手はそもそも香水好きなんですか?みたいな(笑)

あんまり気にしすぎても相手とコミュニケーションをとれなくなりますが、ひとの心にズカズカ入るのはまずいですよね。

では心に入ってはいけないのかというと、そうではなくて…よそさんのお家訪問するときはノックなりピンポーンするなりして、相手が出迎えて、「お上がりください」って言われて初めてあがりますよね。そのプロセスを大事にして欲しいだけなんですわ。

私が彼女に注意したのは、いきなりドアを開けて「奥さ~んいてる~?」とズカズカ入っていく行為と同じだ、ということでして…それはいくら動機が良いものであっても失礼な話しで。親しき仲にも礼儀あり、というか。そもそも親しいのかどうか、というか。そんなことを繰り返してるので注意させていただきました。

私も過去に失礼なこっいっぱいしてきましたよ(笑)そこは否定できません(笑)

でも間違いしたことないひとなんていないし、素直に認めることが大事ですよね('-^*)/

ファルコン #08Copvao | URL | 2009/01/23 12:18 * edit *

ファルコンさんへ

はじめまして
ご訪問ありがとうございます!

肉眼でお二人にあってるので、感情で書いてしまいました。

素晴らしい例えですね!それがまさにピッタリだと思いました。

1,2回言葉を交わしただけの人の家に「奥さん、あれやで。あそこのおっさん口悪いけど、ええ人なんよ。許してあげなあかんで」て言うのは、そこの人が「奥さん聞いてくださります?こないだ、あそこのおっさんにごっつい怒鳴られてんけど、どない思いはります?」と相談されてからのお話だったと言う事でしょうか…

大阪弁が全然、間違ってると思うのですが。

そうですね。誰もが失敗するんですよね。だからと言って失礼な事しても良い訳でもないんですよね。

自分がこれから書く記事もよく考えなきゃならないなと思いました。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/01/24 20:32 * edit *

先日、ばうちんさんのところで記事を読んで、事の
成り行きに正直、複雑な思いに駆られながら
幾つかのブログを読ませて頂いています。

私自身はアメブロの事も、詳しい経過もよく知りませんが、
ウィズダムさんについての見方や感想がゲハジさんに近かった
ものですから、この件で口出しするつもりはまったくなかった
にもかかわらず、ついこちらに書き込んでいます(汗)

私も彼女のブログの読者でずっと見てきましたが、宗教探求心、仏教、哲学に詳しく、
JWにも遭遇し、独特のスタイル(?)で研究している(なおかつ
性格的に物怖じせず人の輪に入ってくる大らかな人)
そういうイメージで、面白いお方だなと思ってました。
基本、とても善い方に違いありません。また最近はネットの普及で、
こういう形で研究生という立場も取れる時代なのか~と妙に感心したりもしてました。

ゲハジさんは何となくお察しと思いますが、思想的には私とは反対方向の方です。
でも、そういうことを超えて話せる人だと思っているんです。

ばうちんさんにはばうちんさんの立場、また守らなくてはならないものを
抱えておられるのでしょう。それもまた男らしく潔いと考えます。

口出しすべきことではないと思いつつ、前の記事を含め、この件で
ゲハジさんの少し遠慮がちな、でもポイントをしっかりついた見方やお考えに
大変共感しましたので、コメントさせて頂きました。

>ハハ、背教者同士いがみ合ってるよ。と。それもまた悔しいような。

私もやっぱり、この一言に尽きます・・
ひとつひとつの文章に思いが重なったり、改めて勉強させて頂くました。ありがとうございます。
本当に、突然横から失礼しました

(はな)みずき #qbIq4rIg | URL | 2009/01/27 11:44 * edit *

はなみずきさんへ

すいません、自分の最初に書いたコメントの控えが無く、改めて書かせて頂きます。

コメントありがとうございます

はなみずきさんの思想についてちゃんと理解出来ていないのですが、政治に関するエントリーなどを読んで、とても聡い方でいらっしゃるとの印象を持っています。←決して上から目線ではありません。自分より賢い方については想像する事しか出来ないからであります。

"背教した人達は、やがて内部で争いを起こす。そのような争いが無いJWこそが唯一の組織である"と考えてしまうような方に言質を与えるのは得策では無いと思います。

とこのようなレスをしたと思うのですが、違っていたらごめんなさい。

追加すると、はなみずきさんが現在形で、思想の違いを超えて話し合いが出来ると書いてくださった所に希望を感じました。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/01/27 12:13 * edit *

ありがとう

早速の対応感謝です。

さて、俺の所に読んでとあれば読ませて戴かなきゃ。

えとですね、はなみずきさん、ゲハジさんのブログなんで、レスはこれ一回きりです。

なんというか、ものすごく今、客観的なんですよ。
やっちゃった後に一番冷静なんは俺かもしれないって。

うーん、潔くもなし、作為的かもしれないし、ズル賢いというかね。

終わりと書いたんですが、ちょいと自己分析した記事をあげときます。

何しろ、わかりにくいよなぁと思うんで。

ばうちん携帯 #- | URL | 2009/01/27 13:26 * edit *

こんばんは。
ゲハジさん、ばうちんさん。

まず、今度のことではそそっかしいモノ言いをしてしまい、ゲハジさんには何度もお手数かけしまってすみませんでした。
そして、ばうちんさんにもこういう形でレス頂いて申し訳なかったです、同時にお二人の気遣い細やかな対応に感謝してます。

ゲハジさんのレスは確かにこういう内容だったと思います。再度それに対してカキコミしましたが、その時は非公開コメではなかったと思います。内容は忘れてしまいましたが、ゲハジさんからまたレスがありましたね。
私の言葉に慎重さや配慮が欠けた為に、こうなってしまいましたが、相手を思いやる気持ち、そこを大切に考えて
お二人ともプログを運営されていることがこの経過で今まで以上よ~く分ります。だから人気ブログなのだと思います^^ 本当に、
さわやかな対応ありがとうございます。

☆ばうちんさん、後で新しい記事を拝見しますね。今度から直接何でも書いていいのかなと
感じましたw何しろ一世なので、多少は場の空気を読まなきゃという習性なんですよ、これでも^^;

☆ゲハジさん、要領も頭も弱いので、少しづつ今までを振り返って生意気を承知で政治分野に触れているに過ぎません。日本人は物事を忘れやすいと言われるけど、案外しぶとくて執念深い性質も持ち合わせているよな気がします。(いい意味で)だからアメリカ発宗教に騙された悔しさを何とか晴らせないものかと思ったりするのですが、素顔はご飯食べて一寝入りしキミ麻呂を見てゲラゲラ笑ってPCに向かうただのおばさんです。
迷惑でなかったら、また遊びにこさせてください。

あれ?コメント みずき #YK3boYxk | URL | 2009/01/27 21:37 * edit *

かいかぶりであります

はなみずきさん
ありがとうございます!

この後に続いたコメントを載せると時系列がゴチャゴチャになりそうなので、せっかく書いてくださったところを申し訳ないのですが、ご容赦頂けるようお願い致します。本当にごめんなさい。

頭の良し悪しって、知識に対しての貪欲さというかチャレンジ精神の有無にかかってるような気がします。はなみずきさんにはそれが感じられますが、ゲハジは政治経済と聴いただけで耳を閉ざすようなJW的ともいえる愚かさがあるので目も当てられません。

今回の件のばうちんさんのミスといえば、ご自身が築いてきた人望が厚すぎたという所でしょうか。蝶野が優しい人なのバレバレみたいな。

キミマロさんや毒蝮三太夫さんみたいに毒舌吐いても愛される方達に憧れます。

是非、また遊びに来て下さい!
--
追記
色々やってみたのですが、私の携帯からだと、exciteブログにはコメントが入れられないみたいなので、PCが生きているときに、はなみずきさんのブログにもお邪魔させて下さい!

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/01/28 11:44 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gehazi.blog41.fc2.com/tb.php/249-8b656197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。