ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

I guess. 

みんなで考えれば答えは出せる!等と大きく書いた段ボールを掲げ、大して巧くもない絵と、せんだ某(なにがし)の真似のやうなポジティブメッセージを書くパフォーマーを町で見た。反吐がでそうだった。

彼の若さ溢れる才能に嫉妬した訳では決してない。断じてない。

普遍的な真理や、所謂"答え"など存在しないか、或いは到達し得ないのは明白であるように思える。

それらを裏付けるのは人類が積み重ねてきた死屍累々と数多の苦悩の歴史である。罪もない子供の死に答えなどあるか。

遍く全ての哲学的思索に対する答えなど存在しない。人が与えられた知力を振り絞り、ただそれを創るのである。

答えは在るのではない。創るのに違いないのです。

賢明な人は無自覚にせよ、人生の早い段階でそれを作り終え、それよりは生きることに疑いを抱かず、或いは幸福に生涯を全うする。

結局、最も愚かなのは人生の意味などを考えているフリをして、その実、何も行動しない。つまり、自分は如何様にして生きるかという最終的な問いに対する答えを造る事が出来ないでいる僕のような人間である。

それは山に登るのに道を選択する事に気をとられ、挙げ句、日が暮れてしまった人のような愚かさである。

いや、この喩えは僕らしくなかった。言い直させてくれたまへ。
世界には数多のおっぱいがあるからと言って、どれか一つ(二房)を選びきれず、結局一つも揉まずにいるほど愚かだと言えよう。

最も幸福なのは、これが私の唯一のおっぱいだと確信し、手の動く限り揉みしだく事である。

決して幾つものおっぱいを取っ替え引っ替え揉みしだく事では決してない。断じてない。

いや、やはりそうなのだろうか。

幸福とは快楽の延長線にしか存在しないのか。崇高な人類愛も快楽に過ぎないのか。

僕は今日も答えを造れずにいる。

冒頭のパフォーマーも、そのパフォーマンスが彼自身の見つけた答えであるならば、他人が、とりもなおさずゲハジのような下衆が批判出来るものではないのは自明であろう。

少なくとも、満員電車でこのような戯れ言を記述し、隣に立つ女人に睨みつけられるような人間になってはならないのは紛う事なき真理です。
関連記事
CM: 2
TB: 0

コメント

真理とか答えとか明確なものはなくとも、納得のいく人生を送れたら良いのではと思う今日この頃です。
でも、悩んだり悔やんだりするのが美しいようにも思えるのよねー。
そして幸福というものを考えると、やはりそれは快楽の延長にあるような気がして、わたくし自分が大変即物的であると感じました。
いやあね人間ってみにくいわね!

りな #- | URL | 2009/01/14 20:03 * edit *

即物小僧が夢の中エブリデイ

りなさん
コメントありがとうございます!

今日はりなさんのブログにインスパイアされて書きました。読書録楽しみにしてます!

私も?醜い物に美を感じるであります。人間も然り。人間の美醜を描いた文学、芸術に惹かれますなぁ。
人間は醜くて美しいのでありましょう。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2009/01/14 23:24 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gehazi.blog41.fc2.com/tb.php/243-cbf53a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。