ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

白い巨乳 

私の現在を脈略無く語る事を、お許し願いたい。

もはや、幸福と言う名のステージに這い上がる事は出来ないのではないか。
客観的に今の自分を見れば、それが、自分が経済的に困窮している。そのたった一因により、家族との軋轢やその他、問題解決の為の糸口を探す手段すら手に出来ないでいる事は理解している。それに付随する形でJWに起因する問題も顕在化して来た。本来であれば、一念発起して良い仕事を探し、全てを解決する為に行動すべきであろう。

しかし、行動を起こす事が出来ないでいる。
無能。その二文字が私を表す最も正しい文字の一つである事は間違いが無い。そしてその言葉は鼓動する我が心臓に小さく渦巻いていたが、やがて膨張し、全身に広がり、体を突き破らんばかりになっている。

気がつくと、祈っていた。

頭を垂れ、手を組む自分がいる。いやその姿が心に見える。言葉は無い。

祈りによってしか救われない人間もいるのではないか。

それは努力を惜しんで自らを欺く、詭弁でしかないのか。



脱JW者でありながら、再び存在しない神に祈りを捧げるような精神状態に陥っている事を

心より 恥る。
関連記事
CM: 8
TB: 0

コメント

神が実在しないという証拠もない・・・

「神様、いらっしゃるならこの取るに足りない者の願いをお聞きください」
と昨日真剣に祈った丸太が通りますよっと。

なんだか高尚な記事にこんなコメントでごめんなさい。

エホバに祈ったわけではないんでしょ?ですよね?
名も無い神に捧げたんですよね?
だったら無問題です~

ゲハジさんもっとJW流に言う偽善者になって、とりあえず良い仕事を見つけることを第一にしたらいかがでしょう?
ちょっと時期も悪いですけど、今を逃したら難しさが加わっていきますよね・・・
今は自分を騙して。
来年からは集会も一回減るし道が開けますよ。
的外れなことを言っていたら本当にごめんなさい。
頑張れ!

丸太 #hrMFr9b2 | URL | 2008/11/26 00:52 * edit *

丸太さん
暖かいお言葉ありがとうございます!

なるべく不明瞭な泣き言は書かないようにとは思っているのですが…

神に祈る行為は悪くないと思います。ただ自分の場合、自分の弱さや不完全さを肯定する為のもののような気がしてます。しっかり自分の足で立って初めて恥ずかしくない祈りが出来るような気もします。

がんばるぞー!

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/11/26 02:05 * edit *

うん。
何か特別な存在に対して祈るコトはナイけど、自分自身への約束みたいな感じで祈るコトはあるよ。初詣なんかそうかも。

で?ゲハジくん祈ってどうしたいのん?

とら #f3.AbFOU | URL | 2008/11/26 07:42 * edit *

ズバリ!

う(汗)
そうなんです。
まともな人間なら「じゃあ、俺どうすんだ」と行動を起こさなきゃいけないんですよね。

そんな当たり前のことが出来ない自分を可哀想ーとか、肯定してはいけないんですよね。

祈りは神聖なものではなくて、もっと即物的な、「お腹痛いのたしけてー!」て感じです。これまた恥ずかしい。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/11/26 09:27 * edit *

祈りって、身体的な所作が精神に影響を与える、というのが本来的なもののような気がします。 何を祈るかなんてどうでもいいことですよね jwとして何度も祈ってよくわかりました(^.^) アッラーに祈るときのように、禅のように、あの所作が精神に影響を与える、ということだと思いますよ。 どうでしょう?

洋平 #H4DZUJVQ | URL | 2008/11/27 08:36 * edit *

確かに!

洋平さん!
びっくりしました
ご訪問ありがとうございます!
興味深いです!所作そのものに意味があるというのは思いつきませんでした!

確かに何故、手と手を合わすのかと考えると手からでる波動をチャクラを通して気をいわば共振させて…いやすいません。

でも、指や手が脳活動に多大な影響を及ぼすのは確かみたいですよね。

つまり、給食の時に、バレないように目だけつむってするような祈りは、あまり意味がないって事にもなるでしょうか。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/11/27 18:55 * edit *

祈りの力

祈りの力は、人間の『静』の必要を示唆しているんだと思います。

これは逆の『動』について考えると分かりやすいです。 スポーツの後の『爽快感』です。

あのときの精神の高揚は、『動』的な“身体の所作”が精神に及ぼす影響です。

決して、霊性が上がったわけでも、聖霊が注がれたわけでもありませんよね(笑)

同様に、というか反対に“祈り”は『静』的な身体の所作が精神に及ぼす影響を利用しているんだと思います。

“拝む”や、“瞑想”が精神に良いことを身体が知っている…

ということではないかな、なんて思います。


にしても、給食前のお祈り!! 懐かしいですね~ 僕はどうしてたんだっけかな~(^_^;)

洋平 #- | URL | 2008/11/27 23:54 * edit *

洋平さん
ありがとうございます!

なるほどー!
スポーツでも確かに精神的な高揚を感じられますもんね。

それが、生得的なものなのか、どうなのかってのは確かめるのが難しそうですね。

一方でこんな事を言ってる人もいたりします。

祈りと科学
http://homepage2.nifty.com/higeanri/essay/essay6.html

イエス様の祈りみたく、一晩ぶっ通しとか、三日断食後とかにやったら、やっぱり神の声が聞こえてもおかしくないとは思うんですけどね。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/11/29 00:58 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gehazi.blog41.fc2.com/tb.php/216-db84ac38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。