ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

ゲハジ、オフ会に行く二次会編2 

そして、しばらくの逡巡の後、おもむろに席をたち、意を決して以前からお話したかった方の所へ移動した。だが、その方の周りはがっちり人で埋まっている。しかし、ここで引き下がるわけには行かない。退路は既に立たれているのである。結局こじ開けるように、かなり無理やりに席を譲ってもらって場所を確保した。

しかし、話したいと思っていた方をいざ目の前にすると頭が真っ白で何も出てこない。結局、簡単な挨拶しか出来なかった。会話が滞り、どうすべきか考えあぐねていると、となりにこれまたうら若き美青年TAKA氏がおられた。無類の美青年愛好家ゲハジはすぐに話しかける。女性でも、男性でも美しい人が好きなのだ。そう言えば、イケメンという語はゲイの方々が使っていた言葉だったらしい。つまりいわゆる健全な現役JWは間違っても「あの兄弟、イケメンよね。」などと言ってはならないのだ。どうでもよい。

TAKAさんとJWのヒエラルキーや排斥制度などについて柄にもなく真面目に語っていた、知りうる限りの知識で話をしたのだが、自分の知識のなさに愕然として申し訳ない気持ちになった。

そこへ救世主Daigoが現れる。「よろしくお願いしまウィッシュ!」。じゃないDagonさんだ。ワインを片手にご機嫌のようだ。ワイングラスが体の一部であるかのようにフィットしていた。素敵な顎鬚にしばし目を奪われてしまう。「ルネッサーンス」というべきだったか。いやゲハジはひぐち君ぽいが、dagonさんはルイ53世のように恰幅はよくない。大変に引き締まった肢体の持ち主だ。そう、イメージは黒衣の騎士ダリューン。

dagonさんがTAKAさんとの高度な会話に窮していたエロ楽士ギーヴならぬエロ馬鹿ゲハジを救ってくれるのか。いやギーヴとは勘違いも甚だしい。

ここでdagonさんがTAKAさんに言った言葉に我が耳を疑った。
「この人、僕の友達。」
あろう事かdagonさんがTAKAさんにゲハジを友達、朋友と紹介してくれたのだ。いや朋友とは言っていない。自分の人生を振り返ってみて、ゲハジの事を例え嘘でも、冗談交じりでも「友達」と表現してくれた人はかつていなかった。JWの同年代の兄弟、学校の同級生は言うに及ばず、社会人になってからなどは尚更だ。嬉しくて、泣きそうになる。「イエス。フォーリンラブ」とか言いそうになる。

dagonさん。酒の上の言葉でも嬉しかった。ありがとう。


更にその後には、幹事のとしきさん自らが近づいてくださり声を掛けてくださる。
不思議な感覚に陥る。としきさんには大変失礼な表現になるかも知れないが、としきさんから「新しく陶冶された人格」「キリストの霊」といったJW用語が想起せられた。私が話す、つたなく脱JWとしては模範的ではない話にも真摯に耳を傾け、共感を示してくださったのだ。その温かく、優しいまなざしは80年代にゲハジが出会った心の純粋な兄弟たち(彼らは何のメリットも無いゲハジに時間を費やし、親切にしてくださった。)と同じ匂いがした。郷愁のような温かい気持ちが私を包む。もちろんこの事を書くのは、このような方を輩出するJWが唯一の神の組織であると言う事ではない。例え、JWを辞めたとしても、非常に優れた人としての徳を保ち続ける事が出来るという事だ。


この辺りで、ブロガーの紹介コーナーが始まる。絶妙なばうちんさんのフォローというか突っ込みもあり、皆が楽しそうに紹介している。一般の御主人と一緒に来ていた女性が、「この人がいなければ私は生きていませんでした。」と、御主人との仲むつまじい所を見せてくださったのが印象に残る。喧嘩になれば必ず「不幸にされた落とし前をどうつける」と言われる私も、いつかは妻にとってそんな存在になれるだろうか。
やがて、順番は巡りゲハジも紹介させていただいた。はっきりいって緊張で何も見えていなかった。何を言ったかも覚えていない。ただ、まいけるさんが「よっ。ニューウェーブ!」と声をかけてくれたのと、とらさんが嫁さんがらみで突っ込みを入れてくださったのが嬉しかったのを憶えているだけだ。しかし、多くの方が聖書中の人物のゲハジを憶えていないのに驚いた。殆どの方が、リハビリを終えておられるようだ。こんな聖書にちなんだHNをつけてること事態が未だJWに未練がある証拠のような気がして少し恥ずかしくなった。というかこのHNでインパクトを与えて名前を覚えてもらおうと考えていた、愚かしくも浅はかなゲハジの作戦がまた一つ没していた。

自己紹介も終え気分が良くなり、久しぶりに飲んだ酒の勢いでゲハジは更に失敗を重ねていく。
待合の時に、少し会話をしたうら若き女性が隣になる。その女性は、やはりJW経験者とは思えぬ美しさを湛えておられる御仁であり、いわゆる目力のある方で、その目に射抜かれたゲハジは緊張と興奮が入り混じってしまい、あらぬ会話を繰り出す。

その方は新婚ホヤホヤ(死語)であると先の自己紹介コーナーでいわれていたので、ゲハジは痛さ満点ではあるが、既婚者として少しでも役に立つ情報をと思いアドバイスをするつもりが、自分の馴れ初めから夫婦生活の話になり、性の冒険の話になり、気づけばアナルセックスについて唾を飛ばしながら熱く語っていたのだ。話を聞く彼女はさすが元JWというべきか、表情を崩さず、傾聴と共感を示してくださっていた。新婚のうら若き女性に肛門交接について語る愚か者なぞ世界を探してもそういないだろう。

そんなゲハジだが、心から願っていた。どうぞ、どうぞお幸せに。


いくらか飲んだお酒が膀胱にたまった様だ。排出しなくてはならない。髪の毛もだいぶ油にまみれ、くたびれてきた、セットしなおさなければならない。トイレに向かうゲハジ。鼻歌交じりに自然の呼び声に答える。気分は上々だ。切れもなかなかよい。手もここぞとばかり念入りに洗った。よし。と顔をあげ、表情筋を引き締めるべく鏡に向って大いなる勘違いのナルシスト。ゲハジが微笑む。

how many イイ顔…

異変に気付く。

出ていたのだ。確かに。黒々と。B4、0.9のシャーペンの芯ぐらいの黒さと太さの鼻毛が。
全てが崩壊した。今まで平然を装い、精一杯の笑顔で話しかけて弄してきたコードネーム”ゲハジちょっとはキモクない”作戦が失敗したのだ。今まで笑顔で接してきた方の顔がフラッシュバックする。確かに、鼻に手を当ててる方がいた。密かに気づくようにサインを送ってくださっていたのか…。それなのに奴は惜しげもなく「オッスオラ、ハナゲハジ。」とこんにちはしていたのだ。
出陣前にはしっかり処理をして来たはずなのに何故だ。そうだった、ここ数ヶ月、家族以外と接する事がなかった。つまり、全く手入れをされず、恐ろしく繁茂した鼻毛は、朝の少しの手入れ程度では根絶出来なかったのであった。

mission is failed…

そんな幻聴が聞こえた。

憂いにひしがれているうちに、気づけば宴は終盤に差し掛かっている。幾名かの方々が帰り支度をし始めていた。焦りを感じる。まだ話し足りない。いや、ゲハジの話など所詮下ネタがらみでしかないのだが、もっと多くの方とコミュニケーションしたいと身の程知らずな気持ちが沸き起こる。その時、帰り支度をされている一人の女性が声を掛けてくださった。JWブロガーなら知らない人はいない有名なブロガーの方だ。イメージは、あぶない刑事の時の元気な浅野温子を感じさせるような美人。もちろんゲハジもこの方のJW問題に関するバランスの取れた見識にはいつも驚かされ、深く頷かされていたのだが、「ゲハジさん、よくあの記事を書いてくださりました」と仰ってくださった。恐らく、現役JWブログが閉鎖された際に書いた記事の事だと思うのだが、何より、ゲハジの下ネタに溢れかえる記事の中の真面目な部分を汲み取ってくださっていた事に感激した。しっかと握ってくださった握手も嬉しかった。最近の彼女の記事こそ、まさにゲハジが常々言いたいと思いつつ、才の無い身ゆえ、文にする事が出来なかった事が明快な筆致で書かれていて、大変な感謝の気持ちでいるのだが、ブログ上での交流がまだないのでお名前を出すのは念の為に控えておく。


ゲハジにとって、2次会はこのように貴重な出会いに満ちた、楽しい時間の連続であった。それはあまりに早く過ぎ去り、5時間ほどあった時間が1時間弱に感じられるほどだった。
それはとしきさん、ばうちんさんをはじめとして大勢の方が自分が楽しむ事ばかりではなく、目を配り、全員が楽しめるように計らってくださっていたからこそであると思う。言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいである。

もうすでに多くの方が述べられている事ではあるが、オフというのは脱JWをする上で非常に有用なツールであると思う。どこかでJWのマインドコントロールによって縛られている心を断ち切る一歩になる可能性が高いのではないだろうか。もちろん全てのJWオフが安全かつ健全なものであるのかどうかは分らない。慎重になるのも必要であろう。しかし、このゲハジ自身が体験した、としきさん開催のオフに関しては、自信を持ってお勧めしたい。そう強く思った。
ゲハジが参加する場合、下ネタと鼻毛には要注意であるが。

--
ここに記述できなかったのですが、2次会では他にも話をさせていただいた方もいらっしゃいました。本当にありがとうございました。
本当は2次会までの参加予定だったゲハジですが、フィリステアの神の親切な計らいにより、3次会まで参加が可能になり、としきさんに無理をいって3次会に組み込んでいただいてしまいました。
3次会編へつづく?
関連記事
CM: 12
TB: 0

コメント

すごい記憶力!

わたしなんて緊張してたあまり、翌日には記憶をあらかた失ってましたが(笑)、ゲハジさんの記憶力素晴らしいです。感服いたします。

「イエス。フォーリンラブ。」に大ウケしました。
いや、そういえばわたしも「友達」と紹介されたことってないんじゃなかろうか・・・と思い出し始めたら泣きそうになりました(爆)。
にしてもdagonさんの男前度も急上昇しておりますね!
そうかー顎鬚かーとムクムクと妄想を膨らませております(笑)。

ハナゲハジは・・・さぞかしショックだったことでしょう。
ご愁傷さまです。
でも大丈夫! わたしもよく社会の窓全開で新聞配達してますから!!
帰ってきてから気付いたりすると、もう死にたくなりますね。ハハハ。

ともかく、3次会編も楽しみにしております~。

ゆずぽん #18dwLygY | URL | 2008/10/26 00:53 * edit *

うんにゃ
ゲハジくんのハンネ最高よ!
忘れないもん。インパクト充分。
私なんて「とら」って…フーテンの「寅さん」と勘違いされるらしく…「虎」のほうなんだけどね。
まぁなによりゲハジくんはイケメン度高いから♪次回のオフ会は私はゲハジくんに顔借りて行くわww
私の身体やるよwww重いぞ。

とら #f3.AbFOU | URL | 2008/10/26 10:22 * edit *

ナイスレポート!

臨場感あふれるレポートをありがとうございます!その場にいれなかった者にとってすんごく有難いです!
ゲハジさんの脳内紹介も・・・(*・ω・)

鼻毛が邪魔をしましたか~ 「ハナゲハジ」(爆

先回の記事では両手に花のようでしたし、いろんなブロガーさんに会えてよかったですね~
皆さん素敵な方ばかりで、こういう規模の大きいオフのいいとこですね。たくさんの人に会えるのは。

三次会編も楽しみです^^無理せず書いてくださいね♪

>ゆずぽんさん
社会の窓全開って女の子が~~~w

>とらさん
初めまして^^
「寅」さんかとチラッと思ってました~
ゴメンナサイ・・・

丸太 #hrMFr9b2 | URL | 2008/10/26 11:38 * edit *

狂おしく

ゆずぽんさん
ありがとうございます!
ほら、普通に月に数回飲んだりするなら記憶も残らないと思うのですが、何せリアルに人と外で遊ぶのが10ヵ月ぶりというガリガリガリクソンぶりでして、鮮明に記憶を埋めつくされたわけなんです(汗)

お笑いネタ拾っていただき感謝です(笑)

心くすぐる台詞をサラリと口にされるdagon卿、ナイスミドルを地でいかれております。嫉妬(shit!)

ソーシャルウィンドウ全開ですか!夕刊時はまずいだろう!あまりにシュール過ぎる。お兄様の画風で脳内に描画されました!

もうね鼻毛はなれたもので、その後も結局、別段処理をしないで席に戻ったんですけどね。ヲイ!

ゲハジ #- | URL | 2008/10/26 17:25 * edit *

遅筆にもほどがある!!

いえ、ゲハさんのことではなくて、田中先生の事です(笑

黒衣の騎士ことダルーン惨状!
いえむしろ、黒衣の僧、もしくはジャン・ボダンとお呼びください。
イアルダボートの教えに背くものは女子供まで皆殺しじゃ!って、あの辺のアレってキリスト教のいやさかげんを浮き彫りですよね。いわんやJWをや。

と申しますか、TAKAさんお元気ですか~?
そのごいかがでありますか?

dagon #WGv/JGO2 | URL | 2008/10/26 23:44 * edit *

ザ・タイガース

とらさん
ありがとうございます!
そして、とらさんオフお誘いいただいていたのに参戦できず残念であります!

HNおほめいただきありがとうございます!
聖書物語精読した年代には受けていただけるかなと思ってました。あの頃はなんて馬鹿な奴だと思ってたのですが、今思うと、人間くさくて嫌いになれないキャラでありました。

とらさんは虎なんですね。六甲おろしの方でしょうか。それとも佐山聡さんの方でありましょうか?気になります!

次回オフはとらさんのかっこいいバイク借りて乗り付けたい。
免許ないけど。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/10/27 10:36 * edit *

丸太さんも次回は是非!

丸太さん
ありがとうございます~!

殆ど脳内の妄想がらみで申し訳ないです。
話半分で聞いてくださいませ(汗)

ハリウッドでは鼻毛が、ホットでチャーミングだとブラピ、ジョニーデップらが伸ばしているらしいです。(嘘

鼻の下をのばし、下ネタ全開だったことについて家人より任意で事情聴取を受けているゲハジ。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/10/27 10:42 * edit *

ファランギースタソ萌え

dagon卿
かたじけのうございます!

もうですね。20年ですからね。
あの舞台に興味がないならアルスラーンが中国に行った話とかにすればいいのに。

ボダンの兄みたいなのがいっぱいいるのがJWなのかな~とか思いました。イノケンティウスでしたっけ?ボダンみたいなのも少しいそうですけど…

こちらはもう一回読み返す気にちょっとなれずにいるけど、でも読みたい!



ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/10/27 10:48 * edit *

よく覚えてるねぇ。

僕なんか数日で詳細を忘れちゃうけど(^^; 話し足りないってのはありますね、普段JWのことについて口に出すことがないですしね。自分の場合、いつもオフ会の場所にたどり着いたら安心して眠くなるので、あんまり喋ってないんですよね、もっぱら聞く専門です(苦笑)

いよいよ次は3次会ですね。 楽しみにしとるけんね(^^)

まいける #lTiDBgvI | URL | 2008/11/03 16:22 * edit *

博多のラーメンが食べたい。

まいけるさん
ありがとうございます!

まいけるさんのように、話を聞いてくださる方の存在は大変貴重だと思います。あの人数ですから最低でも半分は聞き側に回る事を考えると、自分の話をしたいというのを抑えなければなりませんでした(反省)

3次会編!非常にアレな内容になりますが、あまり期待せずお待ちいただけると嬉しいです。(汗)

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/11/04 19:37 * edit *

ゲハジさん
お久しぶりです!身に余るご紹介、有難うございます!久方ぶりに書き込み致します!といいますのも昨日、我が埼玉西武ライオンズが優勝するかもしれないという思いで居ても立ってもいられず急遽、ヤフオクでビジター席を落札し、応援に行って参りました!そこで思い出したのがゲハジさんでした!岸投手というMVPのイケメン投手にそっくりなんですね~!いえ、それが言いたかったので書き込みしました(^-^;

dagonさん
お気遣い有難うございます!&亀レスで申し訳ございません!例の件ですがその後も訪問には来られますが、お蔭様でのらりくらりとかわしております(笑
また何かありましたら相談に乗って戴ければ幸いです!その節は有難うございました!季節変わり目の折、日に日に寒くなって参りましたのでお身体にはお気を付け下さい!

P.S.
レッドクリフですが後日、金城武が孔明という配役を知り、僕的にはしっくり来ない為、見に行こうか思案中です(^-^;

TAKA #- | URL | 2008/11/10 21:58 * edit *

ありがとうございます!

誰が、渡辺久信じゃ!
渡辺だってかつては工藤と並んでイケメン選手だったのに。今じゃ、うすら…ry

西武優勝おめでとうございまーす!

エホバの証人では一部に、プロ野球の応援を禁忌とするローカルルールのようなものがあって、それ故に日本人の基本スキルであるプロ野球の知識が欠落した人達がいたりするんです。はい、僕です。

スポーツ観戦すら否定するって過激な原理主義でもなかなかお目にかかれない事ですよね。

ってTAKAさん!お元気そうで何よりです!

ブログ覚えていてくれて嬉しいです!

何だろう、たった一度お会いしただけなのにこのわき上がる感情は…ってキモいですな。

金城はんて横山三国志の亮孔明には似てるような気もするのですがダメですか。とかいって三国志スキルも全く無いゲハジ。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/11/11 07:33 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gehazi.blog41.fc2.com/tb.php/199-35d96a72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。