ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

ゲハジの真骨頂 

明後日は昼ぶたオフ会です。
正直緊張でブルってます。でも非常に楽しみでもあります。
オフ会が迫ってるってのに、こんなエントリーをして、オフ会で、「お前がゲハジか、けったくそ悪い!」とか罵られたり、ハブられたらどうしようという懸念もありましたが、こんな自分を曝け出すのが、ゲハジのゲハジたる所以というわけでUPしてしまいます。

--

宮川さんをスタバで見る

宮川さんとは、ゲハジの小学生からの同級生で、"ウンコ"と呼ばれていた女の子である。彼女は青木さやかを惨くした感じの顔で、色黒な肌を持つだけで、そのように排泄物呼ばれをされ、それこそ男子からのみならず女子全員からも嫌われていた。小学生の行うイジメというのは、道徳など、どこ吹く風で限界がなく、恐ろしく陰惨なものだった。記憶の限りでは、宮川さんが下校途中に、顔に砂を掛けられたり、ランドセルを突き飛ばされて、地面にころばされたりしていたのをよく見た。当時、彼女はどんな思いでいたのだろうか。何か悪い事をしたわけでもなく、ただ見た目が他の人の気に入らないだけでイジメの対象となる事に対して、学友や先生や周りの全てに対して怒りや恨みを抱いていなかったのだろうか。

そのような、宮川さんに対するイジメを見て、ゲハジは何をしたのか。

その通り。傍観を決め込んでいたのである。

積極的にイジメに参加しないものの、そのイジメを制するような行動に出る事も、もちろんなかった。最低である。それどころか、小学校1、2年の時に自らに向いていたイジメの矛先が宮川さんに向いた事に安堵の気持ちすら持ったのだ。目も当てられない下劣ぶりである。

さらにゲハジの最低な人間ぶりはこんな所に露見する。通常、奉仕で同級生の家に入るのは、極力回避したい局面である事はexJW the 2ndの方なら理解していただけるであろう。それが女子の家であれば、もうストレスで腸が蠕動を起こし、肛門から、ガスやら大便がダダ漏れになってもおかしくない位、精神的圧迫の度合いは強いものだ。だが、ゲハジは彼女の家には普通に証言できた。宮田さんが出てきても、普通に平常心で証言していた。

「この地上が悪人のいない楽園になったら素晴らしいと思われませんか」

当時は楽園が現実の物であると疑っていなかったゲハジ。実際に彼女が音信に応えて、差別の無い(と当時は信じていた)JWに入ったら、不幸から抜け出せるのではと思わなかったでもない。

しかし、他の女子に証言が出来なくて、彼女には出来たというのは明らかに、人間として彼女を見下げていたからだったというのが、真の理由だったのだろう。

ゲハジ、お前はなんと醜い人間なのか。


その宮川さんを、先日、スタバで見かけたのである。
彼女は一人ではなかった。男性をともなっていたのである。まずその事に驚いたのだが、一緒にいたその男性は、いわゆるイケメン科に属する種族の人間。ブサメン科キモス目のゲハジとは対極のような男性である。

ゲハジは、スタバでナンタラマキアートとか発音するのが出来ない上に、お金も無いので、唯一発音が可能なエスプレッソを注文し、席について一服していたのであるが、ちょうど目の前の席に彼女たちが座ってきたのである。

会話の様子から、その男性はどうやら彼氏ではない事が推察されたが、二人はとても楽しそうに会話を重ねていた。


それを見て、ゲハジは何ともいえない気持ちになった。

何故なら、その男性は、宮川さんと本当に心からにじみ出るような優しい笑顔で会話をしていたからだ。決して憐憫から来るそれではない。宮川さんの話に深く頷き、身振り手振りをつかい、しっかりと目を見ながら話をしているのだ。ゲハジは言うに及ばず、今まで出会ったことのある、どの長老、巡回監督より素晴らしい笑顔、話し方だった。

そして、そんな彼の笑顔を向けられた宮川さんもウンコなどと呼ばれた過去があったとは信じられないくらい、人間としての尊厳と自信に満ちた笑顔と話し方をしていた。

彼はJWの教えよりも、そこにいるキリストの精神を学んでいると主張する殆どの人々よりも、はるかに人を幸せにできる人だと思った。

人を見た目で判断しない。こんな事は当然で、道徳の最も根本的な部分である。しかしゲハジは聖書を幼い時から学んでいながら、最高の道徳教育といって憚らないJWの教えを受けてきながら、全くそのような事が身についていないことを恥ずかしく思った。

こういう人を見ると真理を受け入れない世人すべてが、生きるに価しない人間であるとするJWの教えが如何に見当違いなものであることを痛感するのである。


チラチラと視線を送り、会話を盗み聞きしていたゲハジの存在に彼女は気づいていたに違いない。
かつて自分を蔑んだ、おかしな宗教をやっていた男が、三十路も半ばになって未だ人生に迷い、生ける屍のような表情を浮かべてコーヒーを啜っているのを彼女はどう思っただろうか。


そんな反省や後悔の念を抱きつつ、家に帰り、テレビをつけると青木さやかがでていた。
その醜さを自覚していない態度にいらだち、思わず舌打ちをする。「けっ。ブスが。」

ゲハジとはかように、どこまでいっても最低の男なのである。
関連記事
CM: 11
TB: 0

コメント

あるよ、そういうの。

何らかでイジメられてた時代は、矛先の変わっただけの安堵で見ないフリ決め込んでたよなぁ。

しかし、伝道はどんな家でも無理だったね。
逃げるためなら何でもしたし(笑)

男の感情としてよくわかる話でしたよ。

ばうちん #- | URL | 2008/10/11 03:21 * edit *

ゲハジ様って、太宰治に似てるってなんとなく思いました。私は太宰を尊敬してます☆

ロッサ #qRmdpLMM | URL | 2008/10/11 07:34 * edit *

あると思います!

ばうちんさん

天津木村のように同意してくださりありがとうございます!(笑)

僕も尿意やら便意やら駆使して、なんとかして友達の家を避けましたね。

巡回監督とかの時にはそれが通用しなかったりして…。

今思い出しても冷や汗ものです

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/10/11 09:43 * edit *

ダメ、ゼッタイ!

我らがフリューゲルスの遺児の神であらせられるところの前園先生のお言葉が思い出されます。

自分のプライマリなころのことは思い出せないのですが…
キライだったのはアレです、「いじめられる方にも問題がある」ってやつです。
先生の立場の人がそれを言うのには異常に腹が立ちました。
もちろんそういう側面もあるだろうけど、それよりも先に加害者を断罪すべきだろ!って。
いじめられる子をちょっとフォローしたりすると、矛先が当然のように向ってきたものですよね。

あれ?なんかこの構図ってどこかで見たような…

dagon #WGv/JGO2 | URL | 2008/10/11 11:24 * edit *

ある、ある、あるよ。

↑ ロッサさんのコメにびっくり!
丸太もそっくりそのように思いました。

自分の記事に関連しててあれなんですけど
お通夜のときの「納棺師」さん。
親族の中に 「手際よくするなぁ。でもあんな若い女性がこんな仕事するなんて
よっぽど何か事情があるんだろうなぁ・・・」とつぶやきまして
それに対して 「職業に貴賎はないでしょう。納棺師さんも立派な仕事よ。」
とは丸太言いませんでした。
親族の言葉に納得していた自分がおりました。
他人の死体を触る仕事ですからね。「こんな仕事」と見るのも自然なことかもしれません。
でも、聖書で立派なこと学んでいても 偏見とかなかなか拭えないものですね。

ところで 昼ぶたオフ会楽しんできてくださいね~

丸太 #hrMFr9b2 | URL | 2008/10/11 12:19 * edit *

遺体に触るお仕事?

丸太さん
看護士上がりなら、遺体にふれるのは慣れてたりして?
葬儀屋に親族を棺にいれてもらう以前に、病院では看護士が処置してくださいますしね。

禿頭のエリシャ #- | URL | 2008/10/11 16:44 * edit *

霊的と見なされなかったマルタより

禿頭のエリシャさん
初めまして~

ホントそうですね。看護士さんなども日常的に出くわすことですね。
わたしの両親も病院で死後の処置をしていただきました。
でもさらに納棺のときに湯灌もしてくださったのですが。

「おくりびと」という映画の中で「納棺師」に対する軽蔑的な言い方が出てきていたので、ちょっとその話に触れてみました。

(なんだかエリシャと話してるみたいで親近感わきますね。笑)


丸太 #hrMFr9b2 | URL | 2008/10/11 18:21 * edit *

ロッサ様へ

ロッサさん
ありがとうございます!
冗談でも非常に嬉しい気持ちになるお言葉です。調子に乗って、着物着て、斜に構えた写真でも載せてしまおうかしらん。

僕も、良家に生まれて、あんな風に浮世を流して、死んでからだけど世間に認められて華麗に散りたいです。

でも実はなんか死に際して(最後の入水)はけっこう、往生際が悪かったなんて話もあるようですね。

でも、そこが人間くさくていい。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/10/11 18:43 * edit *

前園さんの言うとおりナノナノナ

dagonさんありがとうございます!
ACエ~シ~♪でしたっけ?
ありましたね~

Dagonさんは果敢にフォローされたのですか。
穴があったら入りたいです。・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ナクナ ゴラァ!!
僕がイジメに対してフォローした件は、可愛い子が嫉妬の対象で苛められた時に限りました。ゲハジホントシネ。

その反動もあってか社会人になってからは無闇に苛めに反発するような所もあって、相変わらず下手こいています。

構図ですか?申し訳ありません。ちょっと考えたのですが思いつきませんでした。
でも、JW界隈には良く見られる構図ですよね。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/10/11 18:51 * edit *

実は全著読破してない。

丸太さん
ありがとうございます!

太宰に似ている。
女性から言われると尚一層嬉しい言葉であります。勝手に意味を置き換えて、あのダンディーな面容に自分が近づいた気になってます。ゲハジカナリウゼー。

納棺士さんも死後の処置を行う看護士さんも本当に尊いお仕事をされていると思います。でも、それを否定するような言動にあった時、何ができるだろう。でも、もしも被害者に、加害者になあったときぃ。と言う感じで?ただ俯くしか
できない自分が歯がゆいですね。自分が正しいと思う価値観を、相応しい時にはしっかりと表明する事が出来るようになりたいものです。

丸太さんとも是非お会いしたかったです…
またの機会を楽しみにしております!

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/10/11 19:00 * edit *

看護士のドキュメントも映画になりそうですね。

エリシャさん
横レスですいません

看護士さんのそういうお仕事を見たことありますが、それはサクサクとこなされておりました。しかも、夜間とかだと一人で、死体と向き合って作業されたりするんですよね。本当に尊いお仕事だと思います。

まぁ出来れば、美人の看護士さんに処置をしてもらいたいものです。ダカラオマエハ…

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/10/11 19:08 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gehazi.blog41.fc2.com/tb.php/190-6e46cb3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。