ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。 

…ゆうべぇ…一つの…ブログが…消えた。

いきなり意味不明な書き出しで申し訳ありません。何の事かと言いますと、”徒然月夜散歩話”という現役JWブログが昨日、突然姿を消されたのであります。どうやら記事の内容がJW経験者や関係者の感情を害してしまったようでありまして…

問題の記事はクルルさんのほのぼの家族のA姉妹にソックリという記事に全文引用という形で乗せられています。
(クルルさんのブログのトラックバック機能が見つけられなかったので、魚拓で引用させていただいます。)クルルさんのほのぼの家族のURLはhttp://ameblo.jp/honobono-kazoku/です。

まず、クルルさんがJW問題をご自分の事のように熱く考えておられて、ご主人の感情を慮っていらっしゃる姿勢に、感動し、同時に嫉妬いたしました。ええ奥さんや・゚・(ノД`)・゚・

で、問題の記事についてですが、この文はなかなか応えます。
以下引用

選ぶのは、あなた自身ではありませんか?

もし、親が良識の範囲を越えた懲らしめを与えたとして、それが聖書に書かれている事でしょうか?それは、あなたの親の間違いで、聖書の教えの間違いではないのではないでしょうか?


誰も、自分が刈り取ったものを、誰かの責任にする事は出来ないのではありませんか?

「選択肢が与えられていなかった」のは、あなたの親の子育て方法が平衡の取れたものではなかったのではありませんか?



わたしの独断と偏見だと、この方は70年代~90年代初頭のJW教育狂時代をご存知ないのだと思われます。

私の場合ですが、親に反抗などしようものなら、素っ裸で(パンツだけは許された)外に出され、「エホバに従わないなら私はあなたを養わない。勝手に自分で生活しなさい」と言われました。小学生の時ですよ。奥さん。まぁ普通の人はこれ聞いても「ソレ本気で言ってないでしょ。」と思われる事でしょう。しかし、少なくとも小学生の僕にとってはどう考えても本気で言ってるようにしか思えない剣幕でした。
実際、玄関の外までパンツ一丁で引きずり出されましたからね。

今なら一つのプレーとして楽しめるかも知れないですがβακα..._φ(゚∀゚ )アヒャ

生殺与奪権をちらつかされている以上逆らう事など出来ようはずもありません。

確かに私の母親はレアケースなのかもしれないですが、そこまで酷くなくともJWの一般的な教育を受けた素直な子供は「逆らえば”すぐ”にでも来るハルマゲドンで滅ぼされる」と教えられているのです。

そこに選択の余地がないのは明白でしょう。それでも立ち向かった、ゆーじさんのような本当に勇気ある一部の人もいらっしゃる訳ですが…

それを「あなたが選んだのでしょう」と言われてしまうと…

やるせねぇなぁ…としか言えないですね。

更に言うと、子は親を選べません。それなのに

「あなたの親の子育てが間違ってただけでしょう。」

うん。確かにね。その通りですよ。
ウチの場合、母がロクに教育も受けてこなかった人なもんだから、JWの教えを一字一句守ろうと努力した結果、上のような教育をしてしまったんですよね。でもね。人の親をバカ呼ばわりされるのはあまり気持ちのいいもんじゃないですね。


この方の話の目的は離れた二世が文句タラタラなのを嗜める事にあったようですが、何故かここで、聖書の教えが間違ってるわけではないという論議にすりかわってしまってるようです。確かに聖書の教えとJW個人の懲らしめの基準がずれていたという論理は成り立つかもしれません。だけどもそれがJW経験者の愚痴をたしなめる理由とはならないのではないでしょうか。

「誰かの責任にすることは出来ない」

その通りです。だから、多くの方が壊れていってるんじゃないでしょうか。

でも。正確には「誰のせいにも出来ない」のだと思います。
それは自分も例外ではなく、自らのせいにしてはいけないのだと思います。
被害妄想かもしれませんが、noraさんの言葉は私が聞くと、「不幸なのはJWを離れたお前の責任なんだよw」と聞こえてしまいます。

と言う訳で、この記事が多くのJW経験者の心の傷に塩を塗るような文になってしまっているのは事実だと思います。しかし、もはやnoraさんがブログを閉じてしまった為にこの一連の発言がどのような目的で書かれたのかいまや知ることが出来なくなってしまっているのは残念です。




一方、この方が、現役JWである以上、今回のような反応を
理解するように求めるのは難しいと思われます。いわゆる
一般の常識を彼らに求めることはあまり意味がないのかも
しれません。

彼らはJWの教えに捉われているので、彼らにとって一般
社会は悪魔の世界ですし、そのような感覚を持った人が
一般社会に戻った人に対してこのような言い方をしてしま
うのは、仕方のない事であるかもしれません。

これは、問題のある発言であるかもしれないですが、JW
の教えにマインドコントロールの方法が使われている事を
認めるのであれば、今回のような現役JWの発言を読む
際にはそれを”通常の精神状態ではない”人の発言として
受け止める必要性があるのではないかと思います。


ですから、コメントで「すざけんなJWゴノレアァ!"ミ,,゚Д゚彡」
と言ってみたところで、彼らは余計にその心を頑なにし、「や
っぱり世の人ってサタンよね」で終わってしまい、彼らとその
周辺のJWはその呪縛に捉われたまま。という、あまり望まし
い結果には終わらないような気がするのです。

ここも難しい所でありますが、JW問題に関わる際にはJW問
題の本質と個人の発言との境をよく見極める必要があるの
ではないかと思います。主にブログなどで発言するのは個
人ですから、そこを本丸と勘違いして攻撃すると、一般人を
巻き込んだ無差別攻撃のような物になりかねないと思いま
す。そこは敵国である事に違いはないのですが、そこにいる
のは一市民であるとも考えられるのではないでしょうか。

ですから、クルルさんが今回、ご自分のブログ上で反論を待
つスタイルにされたのは非常に良かったと個人的には思いま
す。攻撃ではなく、自分の意見をブログ上で他の常識ある方
に提示するのに留められているように思えるからです。

…なんだか長いだけで何を言ってるか自分でもわからなくなりました。

まぁ、JWの発言に常識をもとめるのは精神衛生上あまりよろ
しくないですよって事でしょうか。

JW問題って被害者が加害者で、加害者が被害者で、JW=
組織=統治体=一成員として扱われてしまうので複雑なんだにゃ~

やるせねーにゃ~。
関連記事
CM: 11
TB: 0

コメント

敬して遠ざく

ま、二世三世以外の方にとりましては「あーやっぱJWコエーなー」というありがちなサンプルになったので良かったと思います。
私個人的にはそれほど怒髪天を突く必要も無いと思いました。だってあの程度の意見ざらですよね。と申しますかあれ雑誌の受け売りでしょうし。
おっしゃるとおり、JWって宗教とその信者さんてのはああいうものだ、ということですよね。
良かったー辞められて~ルララ~

でもなんだかお酒が呑みたくなって呑んでしまったのはなんでだろ~(笑

Dagon #WGv/JGO2 | URL | 2008/06/29 14:53 * edit *

すざけんなJWゴノレアァ!"ミ,,゚Д゚彡

間近で接している身としてはイラッきます。

おかげで、この短期間でかなりの精神の勉強にはなっていますが・・・

jonx #- | URL | 2008/06/29 22:29 * edit *

常識は通用しないJW世界

少々議論がもちあがっているようですね。
この方のブログは全然知りませんでした~

>JW問題に関わる際にはJW問題の本質と個人の発言との境をよく見極める必要があるのではないか
ご明察です!
現役JWは組織の言葉を借りて語るのが習慣になっていますから、軽い気持ちで重大な事をサラッ言ってしまったりするのです。
許されませんが・・・
でも「許されない」なんて常識はないのです、彼らには。「真理」を摑んでいると確信してますから。

あぁ、ホントすみません。
丸太も現役時代、ここまでの言葉は吐いてなくても近い事は言っていたかもしれません。
スミマセン、スミマセン。

丸太 #hrMFr9b2 | URL | 2008/06/30 01:20 * edit *

人に優しく

クルルの名前をガンガン宣伝してくださいまして、ありがとうございます!
私達夫婦、嫉妬されるほどの仲じゃございませんのよ~。
私が旦那に、「マインドコントロール」されてるんだと思われます(笑)

私、そのマイコンのお陰で、JWを「諸悪の根源」としか捉える事が出来ず、内部に居られる方の心情までは察する事が出来ないので、今回のゲハジさんの記事、とても面白かったです。

「マイコンによる通常の精神状態ではない人の意見」
こう捉えると、私も少し、優しい気持ちになれる気がする・・・・・・
気がするだけかもしれないけど(* ̄m ̄)

クルル #- | URL | 2008/06/30 09:48 * edit *

Dagonさん
ありがとうございます!

そうですね~できれば「JWコエーけど可哀相だな。カルト乙」ぐらいの憐れみも加味した感じで見ていただけると、ありがたいと弱腰のゲハジなどは思ってしまいます。

ほんと、関わらないに越したことはないんですけどね…。

こんな一件があるとアルコホルも余計に回りそうですね。

ウコン摂取してご自愛ください

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/06/30 19:22 * edit *

Jonxさん
ありがとうございます!

まさにJWの特異(得意)な部分が出た一件でありました。

同じ穴の狢として申し訳なく思います。

お陰様で私も大概の偏狭な人間に出会っても耐えられるようにはなったのですが…。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/06/30 19:31 * edit *

丸太さん
ありがとうございます!

あ、JW問題に関わる際には…の行はどせいさんとかの偉い先人の方の受け売りです。多分。

したり顔していてごめんなさい
まさに僕も現役時代には彼女のように考えていました。いや、むしろもっと過激に考えていました。だから一方的に断罪はできないんですよ。

イエス様も「俺、汝の敵を愛せよって言ったよな(怒)」って思ってるんじゃないでしょうか。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/06/30 19:50 * edit *

クルルさん
ご確認ありがとうございます!
宣伝させていただいてるのはこちらの方であります。

ん、マイコンがゾッコンに読めてしまうのは私だけでしょうか。

私も嫁をマインドコントロールしたいものです。カリスマが全然無いから、全く効きません(汗)


自分もそうですが、無知って罪深いなと思います。言い訳して済む問題ではないですよね。被害者がいらっしゃる訳ですから。

本文にも書きましたが、夫の為に怒れるのって本当に素晴らしい(表現キモイ?)と思うんですよね。愛がなきゃ感情は動かないっす!

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/06/30 20:08 * edit *

お久しぶりです

元2世のこもごもです。
以前現役の母について彼氏に話せずにいる内容で相談させていただき、とてもお世話になったものです。
ゲハジさん聞いてください。私はついに彼に全てを話しました。
結論としては、「こもごもを育てた人だから立派な人には間違いない。エホバの証人について調べてみる。そして、自分の親にもこもごもの母とうまくやっていけるよう話し合いをする」という返事が返ってきました。(同時にプロポーズされました)
半信半疑ながら取り合えず話が進んでしまったので、さすがに私も親に報告せねばなるまいと、母に電話しました。
上記の彼の返事の内容も交えつつ、結婚するかもしれないよ、と。
そうしたらですね…
「あんたは独身のままでいても結婚しても幸せにはなれないと思う」
これが母の返事でした。
離れてはじめて、JWを気持ち悪いと思っていしまいました。
「あなたはエホバから離れたのだから、結婚しても幸せにはなれないのよ」という脅し。
…脅迫以外の何者でもないです。すごく悲しかった…。
JWは母と子の間に神をサンドしてしまってます。このサンドイッチの図式…おかしい。
普通、娘が結婚するかもと報告してきた時、母はなんと言いますか?娘はもう27です。きちんと仕事して、健康に一人で暮らしてます。
「どんなひとなの?大丈夫なの?」と心配するかもしれません。でも、「良かったね」思えませんか?
「不幸になる」なんてなぜいうの?
元2世のJWが世人と結婚した場合、現役の母は、みなこう思うに違いないんです。
「かわいそうに、不幸になる」
それでも、教義がおかしいのではないかと思わない方もいるのか…疑問です。
長文失礼しました。

こもごも #JalddpaA | URL | 2008/07/01 19:51 * edit *

こもごもさんへ

こもごもさん
ご報告待っておりました。
ありがとうございます

まずはなによりプロポーズおめでとうございます!

ヾ(´ω`=´ω`)ノヨカータヨ!

愛する人に出会い、その人から一生の伴侶となりたいと申し出てもらえるというのは、自分の生まれてきた意味の答えが見つかるような本当に貴重な体験ですし、また自分の存在価値を確認できる重要なファクターの一つですよね。

今はまず、その幸せを存分に味わっていただきたいとなーと思います!

そして、将来の伴侶とこの段階で重要な問題を避けるのではなく、向き合って話し合えたのは二人にとって、とてもよいスタートとなったのではないかと思います。

さらに、こもごもさんがこの話題を彼氏に切り出すために払われた勇気は相当なモノがあると想像します。お疲れ様でした。
そして、改めておめでとうございます!!

----
しかしながらこの幸せに暗雲を立ちこめさせるJW問題(お母さん個人の事ではありません)には怒りを禁じ得ません。

ということで、コメントの後半部分に対するレスポンスはバカなりにちょっと考えたいので少し時間をかけていたします。ごめんなさい。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/07/02 06:20 * edit *

こもごもさんへ

こもごもさん
この間の続きであります

確かに良い話の時に「幸せにはなれない」とは辛い言葉ですね。

常識ではちょっとありえない考え方です。
せめて「それでも、幸せを願ってる」旨の言葉があればよかったかなとも思います。

もちろん私自身を含めてですが、JWのマインドコントロール下にある人間の発言は、異常な心理状態にあるものであると差し引いて聞くべきかなと感じています。

JWは想像の中の楽園に生きているのでそこから出たら不幸が待ってると強迫観念的に思っていますし、中には自分がこの世と隔絶した生活をしている事から嫉妬心で、この世の人の不幸を願う気持ちもあるかもしれません。

恐らくお母様は前者の方だと思うんですよね。心配するあまりの発言だと考えたいです。

確かにこの世の道徳基準とかを見ると、僕も自分の娘が幸福な結婚生活を送れる可能性は低いと感じています。

ですから、そのような心配を持つのは特にJWとしては当たり前のような所もあると思いますし、JWから離れて自分の傍から巣立っていく寂しさとが相俟ってそのような発言になったと信じたいです。

ゲハジの超個人的見解を述べさせていただけるとすれば、お母さんの心を氷解させるのはこもごもさんの幸福な夫婦生活なのではないかと思います。JWを離れても幸せだよ。お母さんと言えるようになれば。否が応でもJWの強迫観念が間違っている事が証明されるのではないでしょうか。

だから、今はとにかく彼氏と思いっきり幸せになっちゃいましょう!彼氏にもあまりJWの事深く考えさせないで、お互いの愛をより深めあう事に集中したほうがいいと思います。

ってオッサンまたウザイですね。

でも、どうぞお幸せになって下さい!

娘の幸せが、親の幸せだと信じていきましょう!

また、何かはきだしたい思いとかありましたら、ここを使ってくださっても構わないですから!

ゲハジ #M/7AqZnU | URL | 2008/07/03 21:47 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gehazi.blog41.fc2.com/tb.php/139-88a644e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。