ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

嗚呼、君は僕だ 

えー先日のエントリー、走れゲハジ?に於いて、Dagonさんより"駈け込み訴え"と題するコメントを頂戴しました。

恥を忍んで申しますれば、私ゲハジこのタイトルの意味が?でありました。

しかし、常々どせいさんの掲示板ツナ缶に於いても、含蓄のある頓知のきいたイカすコメントをされるDagonさん。今回もエントリー自体が太宰治の"走れメロス"をもじったモノ(微妙?に間違ってますが)でしたので、其処をくみ取って下さったコメントであろうと推察したのです。

時々、いや常々、私はわからない用語があると先ずネットで検索して、さも自分が既に知っていたかのやうな素振りで書き込み、自分の無知を悟られぬようにしている薄っぺらい男であります。

そこでこの駈け込み訴えもネットで検索してみると、太宰治による短編の作品で、イスカリオテのユダがイエスの捕縛に手を貸した際の独白が題材となっているようでした。

30代半ばにもなって、太宰の、しかも聖書を題材にした小説の存在を知らなかったこと自体がもうすでに危険水域ですが、さらにそれを知っているかのようにコピペしてコメントを返してるあたり、ダメ人間最終形態といった感があります。


すでに文中にリンクを張っていたように、この作品はインターネットで自由に読むことが出来るようになっています。

青空文庫で駈け込み訴えを読む(クリックすると別窓でリンクが開きます)

読んでみて驚嘆しました。
聖書中の人物がこれほどまでに活き活きと輝き、生命力に溢れるように描かれた文を読んだ事がありません。

なんと言いますか、小説を読むとき、登場人物の感情と同調して読めると、文字が脳と体に溶け込んで、いわば読書してるのではなく、登場人物に起こった出来事を再体験するように感じられる事が稀にあります。

この駈け込み訴えも、そんな壱号機と綾波レイのやうなシンクロ率で入り込める小説で、オジサンいたく感動しました。

他にもこういう作品がありましたら是非、シンジ君もといゲハジ君に教えてください。

で、この話。

ユダは祭司達にイエスの居場所を教え、殺してしまうように頼むのですが、ユダはイエスが救世主ではないことに気づいてしまっていること。それでも自分ほどイエスを愛したものは無く、今でも愛しており、その愛故に憎んでいる事を吐露するのです。

このユダの独白は太宰のイエスに対する愛憎ひきこもごもの感情を投影したものであるような気がします。

私がJW、若しくはエホバに対して持っている感情もこれによく似ている部分がある事に気づきました。

今やJWの約束するパラダイスは夢幻である事に気づいたものの、そこにある美しい部分(道徳的清さや永遠の命の希望など)に憧憬の念を禁じ得ないのです。

ユダはイエスを愛し、彼を売り、自らも死を選びました。太宰の解釈によれば彼の死は本望であったようにも思えます。

果たしてゲハジの人生はどうなるのでしょうか。

次回のゲハジの衝撃の独白をご期待ください?

----------
Dagonさん
興味深い作品を教えて下さり感謝いたしまっす!

----------

ユダに関しては子供の頃から、何故、予言の成就に荷担した男が永遠の死を受けなきゃいかんの?せめて復活させてあげようぜ!などと疑問に思っていました。

12人の弟子を導けなかった全人類の救世主、偉大な教え手って何だろうとも思いました。

神慮により無駄死にさせられたのがユダなら…多くのJWもまた!そして僕らもまた!
関連記事
CM: 5
TB: 0

コメント

玉川上水で待ってます(嘘

最高ですよね~
私太宰さんの作品で一番好きです。
ドライブ感がたまりません。

最近はラブクラフト全集をまた読んでおります。何十回目だろ…(笑
全集第1巻の巻頭、「インスマウスの影」も独白メインの疾走感がいい感じであります。冗長で読み辛い訳がまたいい感じで…
作品単体もおもしろいのですが、ラブクラフトさんの世界観と作品群全体を通読俯瞰した時の宇宙的広がりは、まさに暗黒の聖書と呼ぶに相応しいものだと思いました。
うん、今日はわりと冷静に書けました!
ビールしか呑んでないから~(笑

Dagon #WGv/JGO2 | URL | 2008/06/08 00:50 * edit *

あ~!!これ読みたかったんですよ!

ゲハジさんこんにちは!

私も太宰治好きです。駆け込み寺は以前からネットで感想を読んでてぜひ一度読んでみたいと思ってた作品です。外国だとなかなか日本の本が買えないんで読む機会がなかったんで、ネットで読めるという情報ありがとうございました!!(早速読みました!)

太宰治は他の作品でも聖書をよく引用してますよね。「エホバ」という名前もちゃんと出てきて、それ読んだとき、「あれ、JWじゃなくてもちゃんエホバという名前を使ってるし、聖書もきちんと適応できてる、、」と少しショックを受けました。

エホバの証人でなければ正しい理解ができないとかエホバの名前は使わないと思ってたので(笑)。今思うと馬鹿な考えですが、現役時代は不思議な事、でした。。

PW #22hNL7Yc | URL | 2008/06/08 05:06 * edit *

ジブリ美術館によってから行きましょう。

Dagonさん
ありがとうございます~
そう!ドライブ感!それですね!
サンライトイエローオーバードライブしてます。

ラブクラフト読みたいです~!

ときにDagonさんて、デイゴンさんとお呼びしたほうがいいのでしょうか?

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/06/08 12:06 * edit *

PWさん
海の向こうからありがとうございます!

こんな下衆なブログですが、
ちょっとお役に立てたようで嬉しいです~

因みに僕はwordで縦書きに出力したら、読みやすかったです。

そうなんですよね。
子供の頃、「人間失格」を読んで、”エホバ”の
記述があって、エホバはJW特有の誤訳であるという批判に反論できる材料だと喜んだものです。(恥


ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/06/08 12:19 * edit *

玉川上水ダメダメ。

ゲハジさんは検索して調べるから立派ですよ~。丸太など「駆け込み訴え」って聞いたことあるなぁ、と思いながら放置してました(汗
教えてくださってありがとうございました!

↑ 「ラブクラフト」ってあれですよね。たぶん以前の丸太だったら眉間に皺を寄せたであろう。。。
読んでみたいです~

丸太 #hrMFr9b2 | URL | 2008/06/08 17:32 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gehazi.blog41.fc2.com/tb.php/126-0b966725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。