ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

ささやかな僕の母の人生 

JWブログ界の新風エホバ神とみ子イエス・キリスト、そして私の丸太さんが親としての立場からコメントしてくださってるのを受けまして。私のの事を思い出し書いてみます。

--
私のは孤独な人だ。

は幼い頃に両親の離婚を経験した。の住んでいた地方や年代での、片親の家庭で育つストレスが相当なものである事は想像に難しくない。

彼女は中学を卒業と同時に就職をした。若干16歳で住んだ土地を離れ右も左も分からない都会で生活を始めた。

程なくして独りの男性と出会う。…父だ。

彼女は生まれて初めて男性と付き合った。

…結婚した。

あ、プロジェクトX風に読んで下さい。

父は優しかったが、経済的には不安定で、職を転々としていた。

そんな中、2人に子供が産まれる。

…私だ。(しつこくてすいません)

は今のようにネットや携帯などなくリアルに(←若い人が使ってるので使ってみた)相談する相手も全くなく、経済的にも困窮する中で子育てに苦悩していたようだ。
おそらくは私が2歳になるまでの間、他の人とのコミュニケーションは夫を除けば皆無だったと思われる。夫が家に帰るまで、家事をし息子とだけの時間を過ごす。そんな日が2年間以上続いていた。

そんな時、運命のチャイムはなった。

「同じ地域に住むクリスチャンの高柳です。今日は聖書に書かれている…」

あまり書くと無能な伝道者だったことが露呈するので省略。いやもう上の文で充分…ry

母は見知らぬ人への恐怖から最初は断ったようだ。

しかしその姉妹は熱烈に再訪問をし、その暖かい雰囲気や、子育てを心配し助言をしてくれた。

当時、父は仕事に追われ、子育てや母の孤独を省みてはいなかったようだ。

そんな母の心の隙間にスイッチが入る。

こんなに良い人達がいるんだから、良い宗教に違いない。

彼女は入信した。

熱烈に歓迎され、課題を与えられ、目標を達成する喜びを味わう。自分に感心を払い、愛してくれる(様に見える)人達がそこにいた。孤独で見失いそうになっていた自分の生きる意味を見つけたのかもしれない。

しかし彼女のその後は幸福の民だとは決して言えないものだった。

真面目な性格故に、母は熱心に開拓奉仕を行った。時にはパートの仕事をしながら、子供を伴い月90時間を野外宣教に費やした。実際には8月に休む為に100時間近くを費やしていた。

会衆の姉妹達が旅行や買い物や飲食など人生との平衡を取る中、彼女は8月の休みに帰省する以外は一心不乱といってもよいほど奉仕を支持し、献身ぶりを示した。洋服や靴だって自分の好きなものを買っているのを見たことが無い。足には靴の後の日焼けが冬でも消えずに残っている。母はそれを勲章だと言って微笑んでいた。会衆の成員とのトラブルもあり、家で泣いている姿を見ることもあった。

そして、更年期が訪れ、彼女の精神は明らかな変調をきたす。

集会を支持するのがやっとの体調でもしがみつくように集会に出席する彼女。誰も開拓をしてきた事を評価しない。やっかいな病人の成員である。

彼女の人生はJWに埋められてしまった。ここを出ても待っている友人も家族もいない。
出れば待つのは更なる孤独でしかない。

私の人生は確かに母によってかなりの影響を受けてきた。だが、彼女の人生を思い返すと母にはそれしか選択肢は無く、その中で最善の事を息子である私にしようと思っていてくれた事は信じているのだ。

--

こんな人を憎しみや恨みの対象にする事は出来ないです。
確かにこれは感情で物事を捉えた無意味な考え方かも知れない。

情に棹差せば流される

ややこしやーぁ。ややこしや。

こんな歌詞が頭をよぎります。

さだまさし
無縁坂より
*************************
運がいいとか 悪いとか
人は時々 口にするけど
そうゆうことって確かにあると
あなたをみててそう思う

忍ぶ 不忍 無縁坂 かみしめる様な
ささやかな 僕の母の人生
**************************

まとまってなくてごめんなさい。
関連記事
CM: 16
TB: 0

コメント

号泣しました

コメント・・・できません・・・

ローリン #RgGjqjoQ | URL | 2008/05/18 00:25 * edit *

ようこそです~

ローリンさん
ご訪問ありがとうございます!

本当に母は自己犠牲の人でありました。
もう少し利己的なら救われたのにとか思うのです。

さだまさしの歌いいですよね~v-342

ゲハジ #M/7AqZnU | URL | 2008/05/18 00:37 * edit *

よくぞお母様のことを書いてくだいました。
真面目で立派なお母様なんですね。
ゲハジさんのお人柄からも想像がつきます。
感情移入できすぎてコメントが難しいです・・・


ところで
「JWブログ界の新風」!!!
強烈に紹介してくださって、ありがとうございます!
音を上げないよう頑張ります!

丸太 #hrMFr9b2 | URL | 2008/05/18 01:03 * edit *

こんばんわ~!
寝てたのに目が覚めてしまいました。
ゲハジさんのお母さんの体験は人事ではないです。
読んでいて、わたしが知っている姉妹を思いだしました。
30年間、こつこつと会衆のために開拓をしていた姉妹がいました。痴ほう症になったとたん、みんなが見放して、訪問もせずに、未信者の弟が世話からお葬式からすべてやりました。
もちろん仏教式で・・・。
わたしの場合もそうだけど、エホバの証人は病気になると冷たいですね。
まるで人生の失敗者であるかのような扱いです。
ゲハジさんのお母さんの人生が今後報われるものとなるように祈っています。

MoKo #- | URL | 2008/05/18 01:31 * edit *

丸太さん

ちょっとよく書きすぎましたか…。
でも、基本はイノセントな人なんですよね。
女性は須らくそうだと思うのですが。

一生懸命生きただけなんですよね。多分。

ゲハジ #M/7AqZnU | URL | 2008/05/18 06:22 * edit *

MoKoさん

起こしてしまってすいません。
もっと大変な生活をされていた姉妹も大勢いらっしゃいますよね。

自ら命を絶ってないだけまだ良いのかもしれません…。

ホントみんな真面目な方達が報われて欲しいと思います。

ゲハジ #M/7AqZnU | URL | 2008/05/18 06:25 * edit *

はじめまして!

泣きました…。
共感できるところがたくさんありすぎて…。

こんなブログを書けるゲハジさんや、そのお母様は本当に素敵な方ですね!

これからも読ませていただきますe-250

Haruko #- | URL | 2008/05/18 13:29 * edit *

同感ですね~
うちの母は父にもう少し恵まれているのですが、とにかく騙されるタイプでした。
訪問販売のいいカモ。販売員さんの方に逆に心配されて、購入をやめさせられてたり(笑
私が長じてからは、「頼みもしないのに押し掛けてきて、善意のふりでなにかを置いていくような輩は須く詐欺師だと思え。自分で判断できないときはすぐ電話しろ。」と念を押す事によって最近は平穏なのですが…


JWの訪問販売を防げなかったのが痛恨ではあります。あと10年遅ければ、かならず入信などさせなかったのですが。
まー取り返しがつきませんな~(笑

Dagon #WGv/JGO2 | URL | 2008/05/18 22:20 * edit *

せめて、

お母様に、統治体から感謝状を差し上げていただきたい。

ローリン #RgGjqjoQ | URL | 2008/05/19 20:14 * edit *

はじめまして

15日のブログをはじめ、とても共感いたします。
私は母と妹がJWです。バプテスマを受けた元2世ですが、離れて2年経ちます。
お付き合いしている男性がいますが、最近結婚をほのめかされます。しかし、私はまだ彼に母と妹のことを話していません。
彼の家は良家で、非常に大きな財を持っています。ですから、世間体を大切にしているのは間違いありません。さらに、彼は宗教が嫌いです。
私もきっと記事にあるような辛い経験をしなければならないことでしょう。むしろ、彼自身さえも受け入れてはもらえないかもしれません。
初めて愛した人に、宗教や生い立ちが原因で別れを告げられると言うのは、どれだけ辛いことか…。
それでも、母や妹を責めることは出来ません。
とても複雑で、一人で負いきれるか分かりません。大きな不安を抱えています。私は正気でいられるでしょうか…。

こもごも #JalddpaA | URL | 2008/05/20 23:11 * edit *

はじめまして!

Harukoさん

コメントありがとうございます!
共感してもらえて嬉しいです。
母の場合、もっと空虚な人生を歩んだ可能性もあるので、何かしら支えになるものがあって良かったのかも知れないと思うことがあります。

その支えとなるものが実際は空虚そのものだった訳ですが…。
励まさない!?記事も多かろうと思いますが、また見て下さい!

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/05/21 15:41 * edit *

使徒襲来

Dagonさん
ありがとうございます!

そうなんですよー!
まさにあの母へのファーストコンタクトがなければと、若い頃は枕を涙で濡らしましたね。

運命とは残酷な天使のテーゼであります。

純真な人が食い物になるのは世の常なんでしょうか。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/05/21 15:55 * edit *

ナルホド!

ローリンさん

コメントありがとうございます!

そうですね~
母はまだ統治体に対する信仰があるので、謝罪より感謝状の方が精神的に良い影響があるかもしれませんね。

いつもの会衆の手紙のチョロっとした感謝の言葉だけですませては欲しくないと思います。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/05/21 16:02 * edit *

こもごもさんへ

こもごもさん
コメントありがとうございます!

もの凄く大変な状況におられますね。
私は娘を持つ、父親の立場にあるので、読ませて頂いて一つ気になったのが、”はじめて愛した人”という所でした。前にも書きましたが、こもごもさんの事を全力で愛しぬく程、相手の男性が真剣か心配です。育った家庭環境で差別をするような男性に、初めての貴重な愛を捧げる価値があるか僕は甚だ疑問です。
もちろんこもごもさんの彼氏がそういう人だと決め付けている訳ではありません。しかし、慎重さと冷静さをもって彼の本質を見極めて欲しいと思います。
娘と勘違いしてちょっと熱くなりました(汗)
スイマセン

しかし、私はごらんの通り、人間的にもダメで、JWとしてもダメで、的確なアドバイスを行なうのは難しいと思います。

そこで私がお勧めするJWサイトは次の二つです。
どちらもメールアドレスが公開されており、相談も可能かも知れません。

JW.com
アドレス:http://dosei-jw.com/
管理人 ”どせいさん”さん
広範にわたる専門的な知識に裏打ちされた冷静かつ正確なJW分析と親切な対応が素敵なサイト。

bautin's eye
アドレス:http://www.k4.dion.ne.jp/~bautin/
管理人 ”ばうちん”さん
侠気溢れる、頼りがいのある一家の主のようなサイト。

ちょっと事情があり簡略なレスしてしまいましたが、幸運をお祈りしております。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/05/22 04:12 * edit *

本当に…

本当に有難うございます…。こんなに親身にお返事くださりとても心強いです。
彼の真剣さ確かめるにはかえっていいのかもしれませんね。
でも、一般的に言って「新興宗教」は「借金」に匹敵する問題のようです。いくら好きでも、こればかりは無理…という。
私も彼の実家に莫大な借金があったら結婚は無理です。
ゲハジさんは、結婚前に例えば奥様の家族に何億という借金があったら結婚なさったでしょうか?
幸せになれないとは思っていませんが、人より制約は大きいと考えています。
彼に別れを告げられても仕方ないと思っています。私自身の制約でそうなるんだと思います。
何かあったら、またご報告しても良いですか?

こもごも #JalddpaA | URL | 2008/05/23 23:30 * edit *

不適切なコメントかもしれません。

こもごもさん
レスありがとうございます。

確かに、莫大な借金があると驚くかもしれません。しかし、彼女が自堕落な人間で莫大な借金を作ったならともかく、原因が本人ではなく家族にあるのだったら、僕は自己破産含め、あらゆる手段を使って彼女といる方法を考えたいです。

ちょっと理想主義で臭うような答えで申し訳ないです。

でも、愛ってそういうもんだと思います。

条件があってるから一緒になるのはパートナーです。

僕もお義父さんからすると宗教、学歴、人間性どれをとっても我慢ならん相手で、ヌッ殺される寸前でしたが、10年近く、なんとかかんとかやっております。

そして、女性はどんな犠牲を払っても愛してくれる気概を持った男性と結婚するべきだと、僕は勝手に思います。女性とは生まれついて、そうされるに値する存在だからです。

自分の価値を絶対に見誤らないようにお願い致します。

ウザイですね。ごめんなさい。

ご報告お待ちしております。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/05/24 00:12 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gehazi.blog41.fc2.com/tb.php/116-7d77fea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。