ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

ヘッジホックのディレンマ 

人が嫌いである。

いきなり救いようの無い告白だが、事実である。
人が嫌いである自分は尚の事憎んでいる。

生きていれば何らかの形で、人間関係を形成する機会が
生ずる。学校、会社、余暇活動などに於いて
普通の人間であれば、そこで出会う人とコミュニケートし、
共通する話題などがあれば、友情関係に発展するだろう。

しかし、私はそれが出来ない。出会った人とある程度の
コミュニケーションをとる事はするが、自分から連絡を
とったり、遊ぶ計画などをたてたりする段になると
気持ちが萎え、それ以上の関係になる事を躊躇して
しまうのだ。

やはりこれには幼少期の教育や成長過程が大きく影響
していると思われる。

JWでしかもオンボロアパートに住んでた僕は、自分の家が
同級生に知られる事に極度の恐怖感があった。
小学校から高校卒業まで友人を家に招いた事は無い。
家に招こうものなら、そこかしこにある聖書文書(この言い方ありましたよね。)
が友人の目に入ることは避けられないからだ。
それに加え友人が来て、遊ぶ為のおもちゃ類も
殆ど持ってない。下手すれば母が証言しかねない。

また、当時の協会の勧めは、学校以外で学友と遊ぶ事を
決して良しとはしていなかった筈である。

そんなこんなで本来は幼少期に学ぶべき、他者との
コミュニケーション及び人間関係の構築術を全く習得せずに
育ってきたと言える。

しかし、そんな中でも人は恋をする。

その当時、好きになったのはクラスのみならず
学年全体で人気の高かったユカリちゃん。
ありがちだが、学級委員で所謂才色兼備。
今で言う鬼キモなゲハジにも普通に話を
してくれる優しいユカリちゃん。

ユカリちゃんと話をしたい。放課後に遊びたい。
そんなあわい恋心を抱いた小学校3年生のゲハジ。

だが、家に呼ぶのは出来ない。
親に無断で放課後、女の子と遊ぶなんて以ての外だ。
ムチ50回は免れないだろう。

考えたゲハジがとったオプションはこうだ。

親同伴で公園に行く。

親に頭を下げ同伴してくれるようにお願いした。
そこまでして遊びたかった。
しかもゲハジは卑怯な事にユカリちゃんには
親が同伴する事を伝えなかった。
ユカリちゃんだけを誘うのは露骨なので、
どうでもいい女の子もついでに誘った。

当日、待ち合わせの場所にユカリちゃんと
その他一名が待つ場所に車で送ってもらう。心臓が高鳴る。
「ごめん、なんかウチの親も来たいとかいっちゃってさ。
車で行ったほうが楽だしさ。」
口からでまかせを言ったのだが、彼女らは怪訝な顔。
公園に行くのに親がついて来るなんておかしすぎる。
しかし、ここまで来て引っ込みもつかなかったのだろう。
彼女らは車に乗ってくれた。よく考えると殆ど拉致だな。

結局、微妙な空気のまま公園につき、ユカリチャンと話す
目的しか頭に無かったので何も遊ぶ道具を持っていっておらず、
親の監視の下、ただやるせない時間だけが過ぎたのだった。

翌日、登校するとユカリちゃんが近づき小声気味で話しかけてきた。

「悪いけど、遊びに行った事、他の人に喋らないでね…」

彼女は、クラスのつまはじき者であるゲハジと遊ぶという、
マザーテレサも真っ青なアガペー愛を示したのだが、
親も黙って連れてくるわ、公園に連れて行くだけ連れて行って
何もしない、殆ど放置&拉致プレーに近い行為を
受けて、さすがに関わりを持った事を後悔したのだろう。

その後、彼女と会話をした記憶が無い。

しかし、なんと悲しい、なんと哀れな少年ゲハジ。

こうした経験を重ねた私は世の人、つまり一般の方との
人間関係を構築する事を若くして忌むべきものととらえ、
そこから逃避してきたのだ。

JWにかかわったが故の悲劇の一幕である。

だが、よく考えるとJWの中にも友達がいなかったような…
つまりはゲハジの人間性そのものに問題があったようで…orz




関連記事
CM: 8
TB: 0

コメント

気持ちわかりますよ~!
「若い人・・」のビデオでも、学校の課題でさえ友人と深入りするな!って感じの内容でしたもんね。
わたしの場合はJWになってから、不道徳、不道徳!!とやかましいので、男性との付き合い方がわからなくなりました。
やさしい言葉にだまされたり、好きなのに、つんけんしてしまったり・・・世にもどってから、その弊害のすごさに驚きました。
あの狭い世界にいると、どうしても孤独になりますね。
人との付き合い方がわからなくなります。

MoKo #- | URL | 2008/05/05 09:21 * edit *

ありがとうございます~

バランスが難しいですよね。
僕には一般の基準は奔放すぎるように見えるし、JWは厳格にすぎるし…。
普通の人が通過する恋愛とかを全く経験せずに育ってるので、一般の方と話が合わないんですよ。それでさらに孤独になる。
悪循環ですよね。

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/05/05 09:56 * edit *

はじめまして

はじめまして。
jonxと申します。今までの人生でJWの方と接する機会は全くなかったのですが、ひょんなことから研究生をしております。衝撃的な世界を目の当たりにして、度肝を抜かれる毎日です。
どうぞよろしくお願いいたします。

●僕には一般の基準は奔放すぎるように見えるし、JWは厳格にすぎるし…。

そう思います!
知り合いとなったJW2世が完全にJW化しているので、人生の選択肢として、世のことやJWの状況についてしっかりと考えるきっかけをもってほしく思っています(その上でJWを選択するのなら、個人の考えでしょうから)。

しかし、選択ののち「世」にでた場合、この無秩序で全く答えのない世界、自分自身で迷いながら自分なりの答えを死ぬまで修正しながらつくっていく世界について、いよいよ虚しさを感じてしまうのではないかとも考えるのです。

ですから、今までJWを知り得なかった「世の人」であっても、漠然と焦燥感というのは拭いきれないものだと思います。ただし、サイコパスのような、ある種の感情をいだけないような人たちも多く存在すると思いますので、この種の悩みがないJW・非JWはともに多数いるのではないかと思います。

そういった意味で、ゲバシさんのおっしゃる孤独感というのは自然なものなのではないかと思います。

jonx #JMFMwlig | URL | 2008/05/06 00:03 * edit *

納得であります!

jonxさん、コメントありがとうございます!

ブログも少しづつ拝見させていただいてます

こちらこそ宜しくお願いします!

JWの弊害の一つとしてこの世界には真理が存在すると思わされる事があると思います。

jonxさんのおっしゃる通り人は自分で人生の意味を模索し続けなければならないのですが、なまじか真理と信じていたものが植え付けられているのでその事を受け入れづらく感じてしまうんです。

困ったものです。

そしてこの種の悩みを感じない人がいるというのも事実ですよね。それが幸福かどうかはわからないですが…。

また、JWを抜けると全ての善悪の基準があやふやになるため、自分がサイコパスなんではと感じる事もありました。

ゲハジ #- | URL | 2008/05/06 00:25 * edit *

先生…読んでる自分も辛くなりました…

でもちょっとうらやましい側面もございます。
ワタクシ子ども自分の記憶があんまりないんですよねー
小学生時代はおろか、高校、大学すら断片的で…なんなんでしょね?頭悪いだけすかねぇ…orz
辛いとは言え細かいディテールまで書きおこされるゲハジ先生がちょっとうらやましいかも~
あれなんですよ酷い虐待(懲らしめの鞭)を受けていたってのもついこないだまで忘れてたんです。地方で僕やってる現役の弟に思い出話しチックに言われて気がついたって感じでして。
だから30過ぎまでのほほんと中途半端な現役やってたんですね…ダメだこりゃ(笑

Dagon #- | URL | 2008/05/06 19:40 * edit *

dagon先生御待史

ふざけた文章でスイマセン

人によっては思い出したくもない事でもありますよね。

僕も書きながら記憶が甦る感じです。今日も妻にゲハジが夫婦喧嘩の詳細を全く失念出来ることを指摘されまして、嫌なことを記憶からディスアピアー出来る力を身に付けていることを自覚しました。

でですね、よく知らないんですが、集団セラピーとかで記憶を掘り起こして、そこから回復の道を探る。みたいなのをテレビで見たような気がして、

確かに忌まわしい記憶ともいえるこういった事を書き綴ってみようかと思っております。

dagon先生におかれましては、脱JW後の充実された生活の一端をブログ等で拝見するにつけ、私の目標とさせていただいている所であります!

勿論、その充実した生活の背後には人知れぬ努力や苦労があると思います。

僕の場合はただただ努力が足りないだけなんですよね。

頑張れゲハジ!?

ゲハジ #- | URL | 2008/05/06 21:31 * edit *

いえいえ~なんだかよそ様のブログで自分語りしてしまってホントに申し訳ないです…orz
集団セラピーいったほうがいいんでしょうかね~?
なんだか「たいしたこたぁないんだが、おまへみたいなチキン野郎には重すぎる幼年期だったから、お情けで忘れさせてやるぜ」てな感じの、慈悲深い(エホバ以外のw)神様のお取り計らいで覚えていないような気もして(笑
あんまりよそ様と深くかかわらなければ、無理して思い出さなくてもいいのかしらん?なんて今は思ってました。

とはいえ頑張りましょー
負けっぱなしってのも悔しいですし。

Dagon #- | URL | 2008/05/07 00:21 * edit *

とんでもございません!
つまんねーよ!とか批判や突っ込みも含めて、
ゴリゴリ書き込んでいただけると嬉しいです~

JWに特化したセラピストさんとか
いらっしゃれば行ってみたいものです。

脳みその自己防衛機能として
忘れさせてくれてるものをワザワザ
掘り返すのがいいのか、悪いのか…

結果も考えず書いてしまってます。

いつかこのブログのタイトルが
"勝ち組でもいいじゃない"になってると
良いのですが…

ゲハジ #qbIq4rIg | URL | 2008/05/07 12:14 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gehazi.blog41.fc2.com/tb.php/107-db1df2a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。