ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --
マクドナルドで食事をした。仕事中であり、移動で時間がとれず已む無くのチョイスである。無論の事、セットなど頼めるわけも無く、ハンバーガーとコーラのSサイズを注文する事を決めた。レジは二つ空いている。右側の列を選んだ。私の前に並んでいた高齢の方が初めてマクドナルドに来たらしく、注文するのに手間取っている。気付けば私より数分後に来店した客が既に食事をしている。自分の列だけ進むのが遅いのはいつもの事である。

その事実に私は、悄然としながらトレイの上に小さくならんだ二つの食物を零さないように苦慮しながら席を探した。フロアーを2周ほどして見つけた一つの席に腰をかける。

隣には、不思議な男性が座っていた。コーヒーだけがトレイに載っている。これは別段珍しい事では無い。私もコーヒー一杯のみで時間をつぶす事は儘ある。その男は折り目正しい清潔なスーツ姿で、身長は180センチ以上あると思われた。私は彼の右隣に座ったので、横目でその容貌を捉えていた。顔は中国のバスケット選手のような面容であり、表情は乏しかった。体臭がきつい訳でもない。何故、私はこの男を不思議だと感じたのだろう。と思う。目を前に向けると彼のテーブルに一冊の雑誌が置かれているのが視野に入る。薄手の雑誌だ。更に見ているとそれは中国語の雑誌である事がわかった。漢字が2段組で並んでいる。また彼はその雑誌を読みながら電子辞書を片手で操っていた。私の脳が一つの可能性を示唆する。

彼はJWなのか。

どうやらそのようだ。

捲ったページの右隅にあの独特の写真と、下段にある質問のような部分を見て、私は確信した。彼は中国語会衆の人なのだろう。しかし、何かがおかしい。彼は電子辞書を片手にものみの塔を予習しているのだが、その姿が非常に不自然なものに感じられる。暫時の後、気付く。聖書が無いのだ。彼は聖書無しでものみの塔を予習しているのだ。JWの研究はやはり聖書ではなく、協会の出版物を研究するものなのだと得心した。彼の行動は更に私の注目を引いた。彼は何故か雑誌を閉じ、裏面を表にして、ものみの塔を鞄にしまったのだ。それは表紙を隣の私に見せないようにしていたように感じられた。もしかするとそれは中国という禁令下での活動に備えた「蛇のように用心深い」行動なのかもしれないが、単純にものみの塔を人に見られるのを恥じているのではないかと疑える所作でもあった。

このような時に、つまりJWである事を恥じているような可能性がある人に出会ったとき、脱JWとして謂わば逆非公式の証言が出来るようであるべきなのだろうか。やはりそれは溺れかかっている人を見殺しにしているような状況ではないのか。では、それはどのようにするのが効果的なのだろうかと、逆の伝道者になったような気分で考えている自分がいた。

彼が立ち去る。

それほど大きくは無いが、やはり歴然とした罪悪感が私の中に残された。

その後、トイレに入り鏡を見やると、無精ひげを蓄え、髪の毛には脂が溜まり、眼窩は窪み、隈(くま)で縁取られた澱んだ目を向ける男がそこにいた。蜚蠊じみている。この男はどう見ても幸せな状況にあるとは言えない。このような人間が、「あなたの宗教はまやかしである」といった所で、何の説得力を持たないことは瞭然である。先程、出会ったJWの青年に真実を伝えられなかった事を悔やむような気持ちでいた自分が酷く滑稽に思えた。



--
さっきwikiみたらJWって世界人口の0.1パーセントも存在するんですね。そりゃニアミスも普通にするがな。とか思いました。

タイトル関係なくてすいません。
スポンサーサイト
CM: 12
TB: 0

ゲハジの否認。 

どうして崩れ落ちるのかな 夢は
---中略----
ごめんなさい。許してくださいごめんなさいごめんなさいごめんなさい…許してください!
****筋肉少女帯 ステーシーの美術 リテイクより抜粋****

--

 部屋の寒さで目が覚めたのは、午前2時だった。初夏だというのに急に訪れた寒波を忘れ、薄着で寝てしまったのだった。はだけてしまった布団を整え、大胸筋とバージスラインの形成に於ける関係について思案しながら目を伏せる。否、寧ろ、胸鎖乳突筋こそ美しいバストにとって重要なのではないか。天啓がひらめいたような気がしたが、すぐに眠りが訪れた。

 電車に乗っていた。
早朝の電車だ。東京郊外と横浜市内を結ぶ線路のようである。車内はそれ程込み合っていないが、座ることは出来なかった。窓の外を眺めたり、社内の広告に目を通したりしていた。ゲハジの服装は、ワイシャツにスラックスだった。胸には青い紙が入ったバッジを着けていた。これから大会に行くのだな。それはごく当然のことのように思われた。

 つり革広告のグラビアアイドルを見たかった訳ではない。何気なく、電車の進行方向に顔を向けると、私の知り合いがいることに気づいた。チェルベロさんだ。私が知る彼の姿とは少し違った。

高校生くらいのようにも見える。

やはり美しい。粛然とする。

「しかし、私は同性愛者ではありません。」

彫刻のような輪郭に宝石のような瞳。鼓動が早くなる。
ゲハジは、なぜか彼が以前からの知己であるという現実とは異なる感覚に何の違和感も覚えず、挨拶をしようと移動した。
チェルベロさんのご家族も彼の傍におられた。妹さんと、お母さんが窓の外に顔を向けたまま談笑されている。他の会衆の女性に気軽に声を書ける習慣を持たないゲハジは、チェルベロさんにだけ挨拶をした。
本当はご家族にも挨拶をしたかったのだが、模範的ではない自分が声をかけて、返事がもらえる確証を持てなかっただけである。
 
 色々な話をした。音楽の話や、絵の話、学校の話。
何と言うのだろう、自分より知的な人と話すのは一種の快感を齎すのだ。勿論、彼が美形の容貌を持っているのも影響しているのは間違いない。では、彼が何かでその知性を失ったり、美貌を失ったら私は彼を蔑むのだろうか。時折、彼の話を上の空にしている自分に嫌悪しながら、電車は急いだ。
 
「決して同性愛者ではないのです。」

大会が終わり、帰途につく。新しい書籍を配るカウンター前を通ったとき、チェルベロさんたちが、駅につながる2階出口方面に歩いているのが目に入った。
無意識に足がそちらへと向いていた。
半ば小走りに、彼のもとに駆け寄り、
「一緒に帰ろう…」と言おうとした私の目に入ってきたのは、
言葉では形容しがたい、怒りと悲しみと蔑みの感情が同単位で混合されたような表情だった。

これはデジャビュだ。

中学生の時、大好きだった剣道部の彼。彼もまた美しい人だった。彼の側に付きまとっていたある日。体育の授業だった。
「一緒に組もうよ」と声を掛けた私に彼は唾した。やはり付き纏う私に業を煮やしていたのだろう。
一瞬、私は反応に困ったが、口の横にかかったそれを舐め、微笑んだ。

周囲がどよめく。以降ゲハジが、変態、ホモオダホモオ(テレビのキャラクタアらしい)などの蔑称をもって呼ばれる事になったのは自然な事である。

この時のトラウマとチェルベロさんへの憧憬、忘恩を悔いる念が今日の夢を見せたに違いない。

しかし、私はヘテロなのです。
「誓ってわたしは同性愛を知らない。」


ゲハジよ。あなたは3度否認した。


--
注:基本的には私はホモセクシュアリティーを持たれる方に対して差別意識は持っていないと自負しております。しかし、私のような汚いオサーン同士とかのそれには抵抗を感じます。女性然りです。美しい男性なら全然OKです。平井堅とか。いやだからそれを本文で書いていたのですが。
CM: 4
TB: 0

follow me around 

what-towerさんが再び更新されておられます。

霊的パラダイスの中の懲りない面々

真の意味での脱JWは実は容易ではないのはいろんな方のブログを見るとわかります。わたしなぞはいわずもがなで、未だ進化論を否定できずにいる所など、その影響から抜け出せずにいます。そんな状態の人間に非常に啓発的な記事が書かれていました。

尚且つ面白く読みやすい。もう脱帽であります。いやもともと被ってないのですが。

氏は脱JWの後進に向けて役立つ情報をこれからも出してくださるとのこと。非常に期待しております。

私ごときが宣伝してもアレなんですが、感銘を受けましたのでエントリと致します。

CM: 2
TB: 0

リトルブレイバー 

バンプオブチキン検定でAを獲ったよ!
何気に嬉しい!

バンプオブチキン検定

http://kantei.am/10415/

認定証


メタル検定は惨敗。
悔しい。
って質問が結構ふざけてるんだけど。

CM: 0
TB: 0

愛のリビドー 

注:食事中の方、妊娠中の方は閲覧をお控え下さい。
このエントリにはグロテスクな表現が含まれます。
異臭がします。

------

ゲハジは回想する。

初めて君と手をつないだのは。

僕は卑怯だった。彼女が会衆での人間関係に悩んでいるのを見て、励ます体(てい)で近づいた。いや、本当にその気でいた部分もある。でも、彼女が組織を離れるのを食い止めるのは、僕がエホバの為に出来る数少ない善行だと思っていた。そう、純粋な愛だけじゃ無かったのかもしれない。

でも、それは胸を焦がすなんていう表現が嘘じゃないくらいの恋心になっていった。大して時間はかからなかった。

君が好きだ。大好きなんだ。一緒にいたい。君をサタンなんかに渡したくない。いや待て、でも僕には君を守る資格なんかあるのか。この罪深い僕はそれを持っていない。きっとハルマゲドンには生き残れないんだ。でも、人として、緋で滴るほど罪が染み込んだ、たった一人の人間だけれど、君を愛する事を許してくれないか。結婚しよう。滅びの日までだけれど僕は君への愛を貫こう。それを伝えた。

君が僕に惹かれていたなんて自惚れていない。流れに身を任せてしまったんだろう。

君はそれを受け入れた。

そして、僕らは付き合い始めた。人目を忍んで逢瀬を重ねた。

そんなある日、付き合ってから初めて君が暗く沈んだ。
会衆の事なのか、学校の事なのか判らなかった。
君を連れ出した。
車に乗り込んだ君。
憂いに沈んだ顔が窓から射す傾きかけた日の光を浴びて。
君の気持ちとは裏腹に横顔をひどく美しく染めた。

僕は。

君を守りたい。そう強く思った。

僕は半ば無意識に手を君の手に重ねていた。

君の手は温もりに溢れ、柔らかだった。

走り出す車。手は乗せたまま。君への熱い思いも一緒に。





異変が起った。いや正確にはその異変は既に起っていたが、その時それを認識したのだ。


勃起している。隆起している。屹立している。
硬直している。矍鑠としてそれは何かを横溢していた。
何かが漏洩すらしていたかも知れない。

愛や高潔な思いなど何処かへ吹き飛んでいた。脈動する恥棒の鼓動が聞こえるようだった。

それは無理も無い事と言うべきだろうか。この愚男は二十余年生きてきて、女人の手を握ったのは小学一年の最初の教室移動の時以来なのだから。


叫ぶ。心の中で。
頼むっ。車を降りるその時までに、
鎮まりたまへっ。荒ぶる肉棒よっ

願い虚しく時は過ぎ、目的地に着く。

腰を屈めるようにして歩くゲハジ。

その姿は滑稽では無く悲壮であった。

「大丈夫?」

「ちょっとお腹痛くてサ」



あれから10年が経ち、今、同じ手を握ってもピクリともしない愚息。

叫ぶ。
頼む。
奮い立て。我が愚息よ。


だがしかし、その手の温もりと柔らかさを

あの時と変わらず、僕は愛している。



-----

コメント:改行ウザス。HN(アナニア)
コメント:君君って使いすぎ。あと倒置も。寺キモス。HN(サッピラ)
CM: 11
TB: 0
「へっへ。」
口調にまさる醜き容貌よ。又座衛門は思った。
「あの、yonbanme殿のブログをご覧になられましたか。」
「如何にも。」
「奴(やつがれ)にゃあさっぱり理解が出来ないンですよ。」鼻水を手で拭う。所作まで悉く無様だ。
「あの記事はあれですかい。事実などではなく、何か暗喩とかが込められていているんでやしょうか。」
「其処許はそうはとらなかったが。」
「でやんしょう。であれば、あれは内儀以外の女性への思慕を綴っただけの記事じゃないんですかい。
それなのに、こぞって皆が礼賛している。」
「下恥(げはじ)よ、それが何事だというのだ。」又座衛門は苛立ちを隠そうともしなかった。そんな事は他人がとやかく言うものではなかろう。
「いや、人の心は移ろうもの、他所の女に心揺らぐ事だってございやしょう。だが、彼のお方は現役の長老。否、長老と言う立場を抜いて考えても現役のものみの塔信者でございやす。その方が大っぴらに横恋慕について書き、且つ人の賞賛を受けるとは合点がいかぬのでさぁ。」
「横恋慕ではなかろう。」
「そう。それも問題でやしょう。ただ人に恋焦がれたとの思いだけなら、神ならぬ身。そんな事もございやしょう。だが、読んでみれば相思相愛。お互いに惹かれあっていた様子。のみならずお互いの思いだって通じていたようじゃありやせんか。」この戯けた男は何を言いたいのだ。
「万が一、あの文をその相手が読んでいたらどうなりやすか。また徒に心が乱されるに違ぇねえ。況や奥方が読もうもんなら修羅場は免れませんや。それに彼の方には御子様だっておられる様子。自分の父君が母親よりも恋慕う相手がいるなんてぇ事を覚った日にぁ、理念に基づいた教育にも疵がつきやぁしませんか。」
「だが、その為に彼の御仁は慎重に身元を伏せておられるのではないか。その上その事を悔いておられる事も書かれている。全くもって道義に篤きお方ではないか。お前の言う事は尤もらしく聞こえるが所詮絵空事。奇麗事に過ぎぬのではないか。」
「しかし、この渡世。万に一つと言えど、事が明らかになる可能性が無いとは言えないでしょう。PCのログだってツールがあれば何でもございだ。であればあのような事は鬼籍に入るまで胸にしまっておくのが、周りに禍根を残さない道じゃあございやせんか。いやね。他人の恋路に口挿むなんざ野暮の極みだなんてこたぁこの下恥も知ってやす。ですがね旦那。輸血拒否だの、高等教育の否定だのを立場ゆえに教えざるを得ない苦悩なら理解のしようもありますが、婚外の恋路故の苦悩たぁ笑止でさぁ。筋を通すってンなら、それこそ長老とやらに告白すべきじゃあ。」
一体この男と四番目殿に何の関係があると言うのだろう。ここに来るまでにもさんざこのような戯言を他で吹聴していたに違いない。組内の平安の為にも、このような痴れ者、最早、生かしておくのは懸命ではない。又座衛門の心に決意めいた心持が現れた。
「それにそもそも。」まだ言うか。
「奴共はJWの虚偽に愛想尽かして、ご法度のブログなんざ嗜んでる訳でさぁ。知らねぇのをいいことに人騙くらかすなんざぁ。JWの十八番とするとこじゃございやせんか。子供を育てるのは並大抵の努力じゃ出来ねぇ。夫の行動まで逐一見てられヤしません。そこを他の女にうつつ抜かすなぁJWにも悖る行為じゃあないんですかぃ。それとも何ですか。女ぁなんてのは子供を生んじまえば用済み。家事でも習い事でもやってりゃあいいて訳ですかぃ。」
「うぬ。黙って聞いていれば戯けた事をあれやこれやと際限なく抜かしおって。そのような事は個人の自由であろう。然もお前のような愚劣な男にそのような事を糾弾する資格があるのか。うぬは自らの醜き性根故にそのような恋路を羨んでいるだけではないのかっ。そもそも浮気の一つや二つ男の甲斐性であろう。その程度の行動も起せぬなら、世で事を成す事。家を守ることなど出来ぬであろうがっ」愚鈍な下恥も張り詰めた空気に刃が含まれるのを感じ取った。
「うへぇ。いや、た、只、あの記事の内容と長老の辞任の話がどう繋がるのか、この下郎めにぁ判らなかったん」
「何を申すか。その方、内儀より聞きしところによれば、日ごと淫らな目を女人に向けておるようではないか。我が妻も迷惑極まりないと憤慨しているのだぞ。先日も、通りに面した間で、六十路の肥え太った女人を描いた猥褻な図画にて汚らわしい行為に及んでいた事も、組のものを通じ我が耳に入りし事ぞっ」言葉が怒りを増幅させる。そしてその怒りがまた荒ぶる語気を焚きつける。
「そそいつは誤解でございやす、根も葉もねぇとは言いませんが、誰ぞが奴を陥れようとしているにちげえねぇ。それに奥方は大変な巨乳じゃございやせんか。目に入らないようにするのが無理っても」
「ええい、正体を現しおったな、四番目殿のような誠実な方を陥れるような言動、無礼千万、断じて許されざる所業じゃっ。」又座衛門は、自らの体がその意思よりも素早く動作したのを感じた。柄を握ったのと、刀を右に薙ぐのが同時だった。又座衛門はこれまで人を切ったときも一刀の許に首を跳ねられた試しなど無かったのだが、この度は頚椎の椎間に刃が滑り込むように入り、刃先と帽子が神経束を確実に切断した感触が手に伝わる。首は飛ばなかった。その胴体の上で勢い良く回転しただけだった。
汚い髪と血飛沫が首の周りに流麗な螺旋を描く。
「きひっ」猿が笑い洩らしたような声が下恥の発した最後の音になった。
下恥には、
部屋が突然左回りにくるりと回転したように映ったが、
それはすぐに暗転した。


-----

失礼仕り候。
CM: 2
TB: 0

夜明けのダダイスト 

20090416221951


死別の翌日


生きのこるものはづうづうしく
死にゆくものはその清純さを漂はせ
物云ひたげな瞳を床にさまよはすだけで、
親を離れ、兄弟を離れ、
最初から独りであつたもののやうに死んでゆく。

さて、今日はよいお天気です。街の片側は翳り、片側は日射しをうけて、あつたかい
けざやかにもわびしい秋の午前です。
空は昨日までの雨に拭はれて、すがすがしく、
それは海の方まで続いてゐることが分ります。

その空をみながら、また街の中をみながら、
歩いてゆく私はもはや此の世のことを考へず、
さりとて死んでいつたもののことも考へてはゐないのです。
みたばかりの死に茫然として、
卑怯にも似た感情を抱いて私は歩いてゐたと告白せねばなりません。

中原中也詩集
新潮文庫

-----
いや、偶然になんですが先月ブクオフにて中也をゲットしておったのでありまして
チェルベロさんのエントリーへのアンサーエントリとさせていただきました。

やっぱ中也は天才さね。
これ中也24の時に弟を病気で亡くした事を詠った詩のようなんですが、僕もモノを書く時にあこんなように正直でなけあなりません。と思いました。
CM: 2
TB: 0

ホームレスエホバの証人(元) 

たいていの場合、ブログの更新が滞るのには積極的な理由が伴うと思うのです。打ち込むべき仕事が見つかり、JWという過去に言及する暇がなくなった。エロスの化身のような恋人が見つかり、密事に明け暮れている。などなど色々ございましょう。だがこのゲハジにあってはそのような事が起こっていないにも関わらず、斯様に更新が途絶えているのです。

包み隠さず書いてしまうのですが、その理由はとりわけやはり自分の今している仕事に対する嫌悪感から来る抑鬱的な精神状態であると思われます。人生の大部分を占めざるをえない仕事を愛すことができない人間は不幸という悪魔に魅入られるのは致し方ないことなのです。

そこで、君、仕事に貴賤は無いよ、どんな仕事も尊いものだよ。と仰られる方も居られるかもしれません。確かに仕事に貴賤等無く、賃金の差だけがあると考える事も出来ます。だかしかし、暴論の謗りを受けようとも私は感じているのです。私の仕事が卑しいものであることを。
その根拠を申しましょう。私は今、家無き者つまりホームレスの方と肩を並べ、所謂単純作業に従事しているのです。そしてこれは研修などではなく、今の会社に留まるなら、永きに渡り従事せざるを得ないのです。


そしてまたここである人はホームレスの人を馬鹿にするな!彼等だって立派な人よ!ゲハジ最低!死んで!と声高に叫ぶ方も居られるかもしれません。しかしそのようなご意見はホームレスの方を恋愛対象に含め褥を同じく出来る方のみ述べて欲しいと思います。立派な人として人格を認めるなら恋愛対象の一部とするのに何の支障がございましょうか。

いや、私自身はその同僚の人格を蔑んでいるわけでは決してないのです。彼らは国家、会社、因習などの無意味な価値観に隷属して居らず、或いは古びた道徳、倫理などと言うものからも自由であるので、言わば精神的な強靱さやその清廉さからすれば、私などよりも遥かに優れており、高尚であるに違いありません。しかも私のこの生業はそのようなホームレスの方を雇う事で彼等の社会復帰を促すような社会的意義があるのかと問えば、答えはまた否なのであります。只、彼等の労働力を賤しく搾取しているに過ぎません。でありますから繰り返しになってはしまうのですが、これらの事から私は決して彼等を蔑んでいるのではなく社会的、道義的に最下層コキュートスの遥か下に自らがいるという現実を只管、憂いているのです。彼の存在はただその事を証明してくれているに過ぎません。

率直に申せば職の貴賤を見定める基準は単純で、かつ非常に容易です。それはこの様なものです。知り合い、や同級生など自分の職業を知らぬ人に出会ったとき、淀みなく自分の職業を口に上らせることが出来なければその仕事は卑しいのです。月曜日に「日曜日に公園でネクタイして何してたの」と言われて返答に窮するならその宗教が卑しいのと同じなのです。

嗚呼、一体、私は何を述べたいのでしょうか。ブログを更新しない理由如きを無為で不明確な言葉で累々と重ねている。


今や時代は私が高校を卒業した頃の就職氷河期の再現となっています。このまま凍え死ぬのか、或いはこの死地から生還するのか。

この顛末や如何に。
CM: 6
TB: 0

俺はボヤッキーだ。 

20090402174622
写真は本文と関係ありません



生きてはいるのだけれど。
息してはいるのだけれど。

生きることが酷く面倒に感じる
踏み外した道を往き戻るに億劫だ。

この身を統べる怠惰を取り去って下さい。

-----
先月、とうとう自らに課した月に10エントリーの業を落としました。

いつだってそうなんだ。何かを最後までやり遂げる事が出来ない。

-----
この上の文を、一晩たって読んでみた。それなのに私はこのように修正するでもない。臆面も無く公表している。とても恥を知らない男なのだ。
CM: 2
TB: 0

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。