ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

1月の記録 

元旦
午前中子供とシャボン玉。
低い気温ではうまく飛ばないらしい。
壊れて消えた。
午後、娘と二人で映画アバター吹替版3Dを鑑賞。ゲハジも丁度、同じ年で父親に連れられ映画を見に行った。以来父とはついぞ映画を見に行ったことが無いのだが、その思い出を我が子へ伝えようというプロジェクト。しかし戦争の描写が激しく、悪影響が懸念せられる。暴力を悪に描きつつマッチョイズムへの憧憬が感じられる。
3Dで画面酔いしたのか以降通日頭痛に苛まれる。

因みに3Dだが割り増し料金を考えると、少なくとも、このアバターでは効果薄という感想を持った。若干背景に奥行きを感じられる程度。ワーナーのシステムがよくないのかも知れない。

とは言え映画のストーリーを語りながら破顔する子供を見て、「これでいいのだ」と一人ごちる

2日
家族の買い物に付き合う
ドライバー担当。
デパートの福袋は早朝から並ばなければ駄目だったらしい。
昼食はサイゼリヤ

3日
ふと思い立ち子供にお年玉を渡す。あまりに微々たる額にも拘わらず破顔する我が子。すまない。

4日
午前中、内戦勃発
正月に妻と性交できなかった事の苛立ちによると思われる。
こんな夜に発車出来ないなんて。
あと読書も出来なかったのもあるかな。

9日
内戦燻りつづける。

10日
午前中、子供と公園。
市内、市外含めてかなりの公園に行くが、中々良い公園に出会えない。地方自治体は公園のデザインに関して、優秀な人材を登用するか、外部委託などをするべきだと思う。

深夜デニーズへ。食事中の携帯閲覧問題が起爆剤となり、交戦状態へ。

11日
朝、肉の矛を銜えられ平和条約締結。
燻る戦意を無理に押さえ込もうとして長期戦にしてしまうのが僕の悪い癖。

16日
家族で動物園のある公園へ
奇(くす)しい被造物に感動する。とりわけ七面鳥の面構えに造物主の芸術性を感じる。
娘が遊具から転落。大事には到らなかったが、一瞬目の前が真っ暗になる。悲劇は思いもよらない時に口を開ける。

ローラー式の滑り台でまたもや臀部火傷。学習というものを知らない男である。臀部の皮膚が薄くなって来たのか、皮下組織に弾力性が無くなって来たのか。若い頃には無かった現象である。

帰路、テキサスバーガー食す。
包茎!包茎の、人ォー!
テキサスと言えばパンテラである。
確かにマックにしてはパンチのある味だが、アメリカ南部の危険な味は感じられない。

夜、胃がもたれ苦悶する。
やはり南部は危険かも知れない。リメンバーダラス。
最近、油っこい物を食べるとすぐにもたれてしまう。寄る年波には削られる砂岸のよう。

臀部の傷を忘れて風呂に浸かり、阿鼻叫喚する。認知にも問題が出始めているようだ。

17日
現在、使用している車がスリックタイヤを履いており、車検が2月に迫っている為、車を探しにディーラーへ。車に興味の無いゲハジ。交渉は全て妻任せ。使えない男である。

21日
ダークハーフ読了
約一ヶ月を要した。通常遅読になる作品は自分にとってつまらない事が多いがこの作品は違った。無茶苦茶面白い。自分とHNの関係、ブログを書くということについて考えさせられる。ブログ書いてないが。

22日
骸骨乗組員 S、キング読みはじめる。

24日
夕刻より隣町の公園へ。百円で買ったボールとバットで野球をして喜び遊ぶ我が子が不憫でならない。そう思う自分が一番貧相。

25日
プリキュアが終わるらしい。シリーズの回転が早い。映画で収益を上げる目論見か。
子供と初めて凧揚げをする。唯紙を空に浮かべるだけの行為なのに何故こんなに楽しいのだろう。

30日
急遽、妻の提案にて遊園地行へ。義父のコネクションで入手した券を使用。つまり無料。
子供の屈託の無い笑顔。かつて同じ場所に父に連れてきてもらった。私も同じ笑顔を向けていたのだろうか。
未だ、埼玉ゴズニーシーに行けていないことを妻から指摘される。
曰くゴズニーワールドに行かずんば人にあらず。らしい。


31日
午前中は家事に追われる。
午後は車用品のウィンドーショッピングに付き合う。ゲハジ夫婦は食、服飾、インテリア悉く趣味が合わない。まぁゲハジの基本コンセプトがメタルや死なのでそれは当然である。夕食は某”喜んで”居酒屋にて。

1月の雑感:
驚くことに一冊しか読書出来なかった。
非常に低空飛行が続くつらい月であった。
恐らく一日の平均睡眠時間は10時間近くになるかもしれない。
起きているのが苦痛な事が多かった。腹痛、頭痛に悩まされる日も多かった。
2月は少し上向きになる事を望む。
スポンサーサイト
CM: 8
TB: 0

人でなしの恋 

花があった。道路に置いてあるその花の横には、ウィスキーの瓶が2つ、ビールの缶もまた2つ添えられていた。

そう、誰かが死んだようなんです。それは僕の家から10メートルちょっとの所にあり、仕事に向う際に目に飛び込んできたのでした。その事故が起ったのは恐らく今朝6時くらいだったようです。僕の家から幹線道路に出るにはその10メートルちょっとの路地を抜ける必要があるのですが、その出口の所に車ががっつりハマっていました。家から出てその状況を確認したのが7時。車は原型もしっかり残っており、大した事のない事故のようにも見えたのです。

家に戻り、家の周辺は危ないから気をつけようねと子供に話したゲハジ。実はこの時、妻とは夫婦喧嘩(例によって離婚するしないまで発展した。)が膠着した冷戦状態にありました。その後、そのイザコザを解決する為に妻と話し合いをする中で、家のすぐそばで交通事故があった事が話題に上りました。(こういう重要な話の最中に話題を変える事が妻には耐え難いようです。)妻が言いました。

「やっぱり。なんか時計をした腕が迫ってくるので目が覚めたんだよね」

「またーw」
一笑に付したゲハジでした。なにやかにやでその喧嘩には終止符が打たれた時です。玄関のチャイムが鳴りました。表に立っているのは隣家の御婦人です。御想像通り、私は人付き合いが苦手、というかその手の能力が欠落しているので、こういう時に対応するのは妻です。こういう所も耐え難いのでありましょう。
その御婦人は、我が家の窮状を慮ってくださり、子供の靴のお下がりを持ってきてくださったようでした。私はトイレで聞き耳を立てていました。この臆病者が。
話題は当然の如く、朝起きた事故の話題になっていました。この時、既にお昼前でしたが、まだその事故車は移動されず、依然として路地を塞いだままです。妻とそのご婦人の他にも、近所の人がその話題に入って、事故の詳細について色々と話されていたようでした。

家に戻ってきた妻に「人、死んじゃったの?」と聞くと、「そうみたい。向かいのおじさんが、大きな音がしてすぐに車の所へ行ったんだって。俺は刑事だったからそういう行動が早いんだみたいに言ってた。そしたら運転席の人が、助手席の人を引きずり出そうとしてたんだけど、もう死んじゃってて「もう死んでるよ」って言ってやったって話してた。で、その助手席の人、なんかジャラジャラ時計とかを着けてたって。」

「…」

まぁ別に殊更に世の中に説明できない事があるって事とかを主張したいわけでも無いのですが、今日(昨日)起った奇妙な出来事だったので書いてみました。

その運転手は飲酒運転だったらしく、そのまま警察署にしょっ引かれたとの話ですが、飲酒運転の被害?共犯?なのに酒をお供え物にするのってどうよって思ったのでした。あと、人が死んだ事故なのに鑑識の方たちがガハガハ笑いながら作業していたのも、なんだかなと思いましたが、仕事だからしょうがないでしょうかね。

ウチの子供がもし、その場に立っていたらと思うとぞっとしましたが、自分が寝ている間に10メートルちょっと先で、人が死んでしまった事に対して驚くほど無感動な自分にもっとぞっとしました。この人でなし。
CM: 9
TB: 0

押し迫る師走。襲い来る絶望。 

12月別のアーカイブを昨日確認して愕然としました。紹介記事以外全て下ネタがらみであります。厳密には紹介記事すら。こんなJWブログがかつてありましたでしょうか。否であります。きっと罵倒する気にもならないのだろうな。かえって身の守りとなっているのかも知れません。とはいえ、このままで良いわけもないので、少し本気で軌道修正を試みようと思っております。

--
ブログを書くようになって困った事が一つ。

それはいつもブログの記事に書く事が頭に上ってしまうため、読書がうまく出来なくなってしまってる事です。本を読んでいても興味深い考えやフレーズがあるとそこから、「こんな記事がかけるなぁ」とか夢想が始まってしまい、本に集中できないのです。

--
性的虐待の体験について書かれている掲示板や、ブログを目にした。目つきだけで精神的レイプになり得る事を知り、愕然とする。下品な言葉だって同様だろう。であれば僕自身も見る人がみれば、宅間やチカチーロと変わらない人間になる。以前から卑猥な物を含む冗談について少しちゃんとした考察、というか自分なりのスタンスを示す事が必要だと思っていた。いつかエントリーにしたい。

--

喉元過ぎれば暑さ忘れる。
寒い季節が来ると、夏の暑さのつらさを忘れて夏の方が良かったなどと思ったりします。実際は熱中症になりかけた悲惨な出来事があったにも関わらずそう思えます。

JWを脱した人にも大きく分けて2種類の人がいるような気がします。
そこから大切な事を学びそれ以降の人生に活かしている人。
あそこで味わった事の意味もよく考えず、楽しかった思い出に浸る人。
あ、後者みたいな人間は俺だけか。

そういうバカは一度死んだ方がいいんだろうなぁ。

というか、夏の猛暑から冬の厳寒に変わっちゃ駄目なんだろうな。うららかな春の様な人生を送らなきゃ。
--

蓄膿症のせいか、激しい頭痛に襲われる事があります。きょん女史が自分の葬送曲をリクエストされていたので、自分もしっかり決めておきたいと思います。きょん女史のスキップビートのようなアッパー?な選曲もかっこいいと感じ、ダウナー系一辺倒はやめようかなとか思ってます。

というわけで候補曲。

sigur ros "Hoppípolla"
祝福されるような音楽で旅立つのも悪くない。



でもこれはアッパーとは言わないか。

じゃあこれ
マキシマムザホルモン ”人間エンピ”
大合唱とかされたら嬉しい。



これもアッパーとは違うか。
CM: 9
TB: 0

今日は書くのにもってこいの日だ。雑記 

語るべき言葉を持ち、語る力を持つ人。
語るべき言葉を持ち、黙する人。
語るべき言葉は無く、黙する人。
語るべき言葉は無く、語る力も無いのに語ってしまう人。

どうも4番目のゲハジです。

私の愛読させて頂いてる数々のJW系ブログの記事の素晴らしさに圧倒され、上記のような感想を抱いております。そして、筆がはたと止まっております。下書きばかりが溜まっています。

-----------------------

最近の動向

映画(つっても家で):ノーカントリー、NEXT、ファーストフードネイション観る。
音楽:bump of chicken "present from you"聴く。
本:フレデリック・フォーサイス 囮たちの掟 読む。
睡眠時間:7~8時間キープ
仕事:…

うん。どうでもいい。

チェルベロ先生!イカス映画レビューの書き方教えてください!

-----------------------

巡回大会に行って来ました。
殆ど聴いてはいなかったのですが、印象に残った点を幾つか。

献身の話。強く強調されていたのは「これは自由選択の結果である」という点。唯一絶対の真理であれば、自由選択を強調する必要は無いのではないのでしょうか?強制であろうが幸せになれるはずなのだから。

経験談。経験を読み上げる際に話し手が「これは、恐らくアメリカの経験だと思いますが…」と。どんだけいい加減なんですか。こういう事が云わば公式のチャネルで平気にやってるから、悪霊がらみのうわさも普通に流れていくんでしょうね。

昼食時。前に座る外国語会衆なのか、外国語に行きたがってるのかわからないですが、英語の出版物を使い、英語でノートをとっていた30代中盤と思しき兄弟。身なりはいわゆるJWのふさわしい感じの清潔な装いでいらっしゃったのですが、よくスーパーにある魚が入っていたようなパックにご飯を山盛りし、真ん中に一筋、醤油をしみこませてありました。それを箸でほぐしつつ、秋刀魚の缶詰一つと共に食べておられたのです。恐らくは開拓の為、生活を切り詰めておられるのでしょう。かつてのゲハジもそうだったわけで、胸が詰まるような思いが致しました。あら、可哀相。今度お弁当作ってあげる♪と言われる為の、ゲハジもやりかねない薄汚い作戦だった可能性もありましたが、見事誰からも声をかけられる事もなく、平らげておられました。

かと言えば、後ろの席では旅行話に花が咲いている熟年姉妹達の阿鼻叫喚が聞こえ、何だかな~何だかな~と阿東ゲハジになったのでした。
CM: 1
TB: 0

それは人生の修行さ!喝! 

いつも、推敲もせず、只書きなぐる記事ばかりですいません。


今日は箸休め…にもならないですが…

最近のgoogleのサービスがスゲーですね。って話です。
googleの地図の中にストリートビューってのがあるんですが、これ見ると主要な道路周辺の町並みがソフトなしで3Dでグリグリ見えてしまうという。

で、なつかしの風景をごらん頂こうと。
ちょっと見難くて申し訳ない。

大会ホール入口




第2?駐車場だった所。



東門?



これ、対応してる所は民家の表札まで見えるので、プライバシー的にどうなんだろって気もします。

あ、これ使ったら各地の王国会館とか、大会ホールも見れそう!
見てどうする!
CM: 4
TB: 0

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。