ゲハジは別に犬死でいいじゃない。

JW追憶記

今までの記事一覧へ

全ての記事を表示する

ブログ内検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --
マクドナルドで食事をした。仕事中であり、移動で時間がとれず已む無くのチョイスである。無論の事、セットなど頼めるわけも無く、ハンバーガーとコーラのSサイズを注文する事を決めた。レジは二つ空いている。右側の列を選んだ。私の前に並んでいた高齢の方が初めてマクドナルドに来たらしく、注文するのに手間取っている。気付けば私より数分後に来店した客が既に食事をしている。自分の列だけ進むのが遅いのはいつもの事である。

その事実に私は、悄然としながらトレイの上に小さくならんだ二つの食物を零さないように苦慮しながら席を探した。フロアーを2周ほどして見つけた一つの席に腰をかける。

隣には、不思議な男性が座っていた。コーヒーだけがトレイに載っている。これは別段珍しい事では無い。私もコーヒー一杯のみで時間をつぶす事は儘ある。その男は折り目正しい清潔なスーツ姿で、身長は180センチ以上あると思われた。私は彼の右隣に座ったので、横目でその容貌を捉えていた。顔は中国のバスケット選手のような面容であり、表情は乏しかった。体臭がきつい訳でもない。何故、私はこの男を不思議だと感じたのだろう。と思う。目を前に向けると彼のテーブルに一冊の雑誌が置かれているのが視野に入る。薄手の雑誌だ。更に見ているとそれは中国語の雑誌である事がわかった。漢字が2段組で並んでいる。また彼はその雑誌を読みながら電子辞書を片手で操っていた。私の脳が一つの可能性を示唆する。

彼はJWなのか。

どうやらそのようだ。

捲ったページの右隅にあの独特の写真と、下段にある質問のような部分を見て、私は確信した。彼は中国語会衆の人なのだろう。しかし、何かがおかしい。彼は電子辞書を片手にものみの塔を予習しているのだが、その姿が非常に不自然なものに感じられる。暫時の後、気付く。聖書が無いのだ。彼は聖書無しでものみの塔を予習しているのだ。JWの研究はやはり聖書ではなく、協会の出版物を研究するものなのだと得心した。彼の行動は更に私の注目を引いた。彼は何故か雑誌を閉じ、裏面を表にして、ものみの塔を鞄にしまったのだ。それは表紙を隣の私に見せないようにしていたように感じられた。もしかするとそれは中国という禁令下での活動に備えた「蛇のように用心深い」行動なのかもしれないが、単純にものみの塔を人に見られるのを恥じているのではないかと疑える所作でもあった。

このような時に、つまりJWである事を恥じているような可能性がある人に出会ったとき、脱JWとして謂わば逆非公式の証言が出来るようであるべきなのだろうか。やはりそれは溺れかかっている人を見殺しにしているような状況ではないのか。では、それはどのようにするのが効果的なのだろうかと、逆の伝道者になったような気分で考えている自分がいた。

彼が立ち去る。

それほど大きくは無いが、やはり歴然とした罪悪感が私の中に残された。

その後、トイレに入り鏡を見やると、無精ひげを蓄え、髪の毛には脂が溜まり、眼窩は窪み、隈(くま)で縁取られた澱んだ目を向ける男がそこにいた。蜚蠊じみている。この男はどう見ても幸せな状況にあるとは言えない。このような人間が、「あなたの宗教はまやかしである」といった所で、何の説得力を持たないことは瞭然である。先程、出会ったJWの青年に真実を伝えられなかった事を悔やむような気持ちでいた自分が酷く滑稽に思えた。



--
さっきwikiみたらJWって世界人口の0.1パーセントも存在するんですね。そりゃニアミスも普通にするがな。とか思いました。

タイトル関係なくてすいません。
スポンサーサイト
CM: 12
TB: 0

死んでも治らない病。 

さつきさんが興味深い記事をあげておられました。

難しい問題なのに巧みな例えが用いられていて、私のようなものも理解できた気になれました。価値という言葉そのものにも説得力のある考察が加えられています。

このような興味深い記事を書ける人が存在する事こそ、人間の”価値”が存在する証明になってるような気にさえなる記事でした。

しかし、価値というものの有る無しという論議に鮮やかに終止符が打たれます。
さつきさんの記事より引用:

もう一度、根本に立ち返るならば、誰しもが誰かに言いたいのは、「自分は価値のある存在なのかと、苦しまないで」ということです。


この一文に尽きると思います。

なんですが、ほんとにお前読んだ?理解できてないじゃん?という突っ込みを覚悟しつつ、価値的なものについてちょろっと書きたいと思います。

以下は所謂JWの教理から来ている考えだと思うので、不愉快に感じられる方もいるかも知れません。御注意下さい。

私は、”我々は偶然の所産である。絶対的価値や目的というものは存在しない。それ故に尊い。”という式が成り立つのかどうかというのが大変興味があります。

正直に言ってしまえば、その式は成り立たないように感じています。単なる偶然であれば、それを尊ぶ事は自由ですが、尊ばなくても何ら問題はないような気がします。究極的に人の持つ感情や思考というのが、物理現象でしかないのなら、幼い命を快楽目的で奪う人がいても、或いは愛する人を強姦されたとしても、気に留めるべき根拠というものは、究極的には存在しない事になるような気がします。それは人間が進化の過程で獲得した家族というシステムを維持する為の脳活動の所産に過ぎない。と考えてしまえるのではないでしょうか。

話が飛躍しますが、そうなるとJW含む宗教というのも、無価値であり、無価値でない。そこに存在するものとして認めざるを得なくなるような気もします。

こんな事をグジグジ考えているのは、自分がJWを離れてから、神の存在に疑いを持ってから自分のモラルが明らかに低下しているからです。もはや私の中には倫理や慈悲というものは無くなっています。テレビで青木さやかや、MISONOを見て普通に殺意を抱いてしまうほどです。

進化論、唯物論が倫理の根拠を壊すわけではない。というような話は、既に多くの偉い方が考えつくしていると思うのですが、ゲハジはそうした知識を得るに至っておりません。

価値の有る無しを定めるのは人間の意識です。その意識自体を現実のモノとして認められるのかどうかもゲハジにはあやふやであります。意識がシナプスの間隙を縫う化学物質により引き起こされる電気的作用の集積に過ぎず、その現象も突き詰めた先には10次元の紐のようなものに還元されていくのだとしたら、それは現実なのでしょうか。やはり我々は人知を超えた存在が紡ぐ、遊戯のような詩の一篇に過ぎないような気さえしてまいります。すいません適当に書いてます。

実存の3段階というのがあるそうで、私もその第2段階にいるのかなという気がします。そして3段階に憧れているという。

独学ノート URL:http://note.masm.jp/より引用

キルケゴール †

デンマークの思想家,実存主義の先駆者。とくに抽象的で超合理的な体系を構築したヘーゲルの弁言正法を厳しく批判。また熱烈なキリスト者であり,人は「いかにしてキリスト者となるか」を問いつづけた(有神論的実存主義)。
主体的真理
情熱なく無関心に探求できる抽象的な客観的真理に対して,人がそれによって生きかつ死ぬことができるような真理(イデー)を主体的真理という。真理とは,生きることと無関係に存在するのではなく,「いかに生きるか」を問うなかで探求されねばならない。キルケゴールはこのような異理を「私がそのために生き,そして死にたいと思うようなイデー」とよび,生きることと無関係に探求される抽象的・客観的真理(例えばヘーゲルの体系)を批判。
単独者
自己を見失うことなく,単独で主体的真理を探求する理想的な人間を単独者という。生涯キリスト者であったキルケゴールによれば,神との関係を失ったとき,人間は絶望におちいるが,この絶望をきっかけとしながら,神を求めて命がけの飛躍を決断するとき,人間は主体的真理を実現することができる。
実存の三段階
人間の生き方は,絶望を経験することによって深まっていく。キルケゴールはそれを三つの段階にわけて考た。
美的実存
ひたすら快楽を追求するが,決して満足できず倦怠感・虚無感におそわれ,絶望におちいってしまう段階。
倫理的実存
快楽の追求を断念し,自己の倫理にしたがって生きようとするが,良心的であろうとすればするほど,逆に無力感におそわれ,絶望におちいってしまう段階。
宗教的実存
絶望のただなかにある単独者としての人間が,神と出会い真の人生を手にすることができる段階。




ここをご覧の方で、こういう事をゲハジのような者にも分かりやすく書かれた本を御存知の方がいらっしゃったら教えていただければ助かります。

さつきさんが紹介してくださった方の本も読みたいと思っております。

まぁあれです。自分の頭の悪さがホトホト嫌になります。

--

遅れましたが、このブログに訪れてくださった皆様、つたない記事を読んでくださり、ありがとうございました。
コメントまで下さった方にはほんとに言葉が無いくらい感謝しております。
来年も継続するかどうかわかりませんが、よろしくお願いいたします。

どうぞ皆様良いお年を!
CM: 8
TB: 0

なんだお前だったのか… 

またまたモンスターエンジンの神様ネタ。
この作り直せばいい、という下りの神様感覚って普通の日本人にわかるのかしら?
宗教的バックボーンがないとこういうネタ思いつかないような気もします。

み使いネタにアレンジして交わりでやった人とかいたりして。




デリられたようなので、追加

CM: 3
TB: 0

☆JWと関わりのあったあなたに30の質問☆ 

閑話休題

お茶を濁します。

あまり素性について書いてないのでやってみたんだ。

あ、ちなみにゲハジ@排斥中です。
今まで普通に読んでしまっていた現役の方がいらっしゃったら本当にごめんなさい。
そして、組織の戒律を守りつつ自然消滅や断絶された方も不快な思いをさせてしまったらごめんなさい。


勿忘草さんから頂きました。

☆JWと関わりのあったあなたに30の質問☆
(できるだけ簡潔に答えてね。)

Q1.お名前(ニックネーム)を教えてください。
 ゲハジ
Q2.よかったら性別も教えてください。
 エデンの園で肋骨とられた方。
Q3.差し支えなければ、お年の頃を教えてください。
 土曜日の大会は証言をしなければ行けなかった。
Q4.JWとどのように関わりがあったか教えてください。
 2世、へっぽこ開拓者、
Q5.JWの中で、どのような立場でしたか?
 年齢だけでなった僕。
Q6.JWに関わっていた時期を教えてください。
 70~00年代。
Q7.関わっていた会衆はどちらの地方ですか?
 聖地方面
Q8.今現在、JWと何らかの関わりがありますか?
 集会行くよ。
Q9.身近にJWに関わっている方はほかにいらっしゃいますか?
 親族。
Q10.どのようにお付き合いされていますか?
 電話したりしなかったり。
Q11.JWと関わって良かったこと、あったら教えてください。
 なんとか生きてる。
Q12.JWと関わって悪かったこと、あったら教えてください。
 なんとなく生きてる。
Q13.集会中、何してましたか?(ぇ?)
 予習。
Q14.伝道(奉仕活動)されてましたか?
 しちゃった。
Q15.大会の思い出、あったら聴かせてください。
 窓際にただ立ってたら、会場整理に首吊りの真似をしてると怒られた。
 大人相手に初めてキレた。以来キレまくりだったけど。

Q16.好きな聖句はありますか?
 罪の報いは死です。どこだか忘れた。
Q17.輸血禁止についてどう思われますか。
 宗教にとって戒律は有効。
Q18.排斥についてどう思われますか。
 A.17に同じく。
Q19.ハルマゲドンは来ると思いますか?
 来るような気がしてる。すぐじゃないけど。
Q20.今現在、宗教(一般)についてどうお考えですか?
 信仰心は尊いと思います。
Q21.本当はしたかったけど我慢したこと教えてください。
 デート、合コン、おセックス異性にまつわるetc
Q22.JW的にはいけないけど、してしまったこと教えてください。
 血の罪以外殆ど。
Q23.鞭されたこと(したこと)ありますか?
 されまくり。最高ウン百回 
Q24.差し支えなければ、鞭の話聴かせてください。
 なんか頭おかしくなって小学校の友達の前で
 ムチの痕を見せた。
Q25.トラウマになっていることってありますか?
 この世には何も意味が無いと教育された事。

Q26.壊れたこと、ありますか?
 今のところ大丈夫くさい。時々、眼から汗が止まらなくなるけど。

Q27.あなたは今、幸せですか?
 ネバー
Q28.よくいくJWサイト(ブログ)を教えてください。
ツナ缶(どせいさん)
Q29.あなたは統治体のメンバーです。「新しい光」をひとつ。(笑)
 株でスンゲー儲けちゃったyo!
 皆に還元するぜ!
 だから今までの事許して!
Q30.お疲れ様でした。最後にひとこと。
 
 オモローな事言えなくてすいません。
 
CM: 7
TB: 0

ゲハジlovinson   駄文注意! 

イエモン

というと最近の若い人はお茶かと思うかも知れませんね。伊右衛門ではなく、THE YELLOW MONKEYです。90年代に活躍した、初期はグラムロックぽいのに後期にボーカルはロバートプラントを意識し始めるという不思議なバンドです。あ、適当に書きました。すいません。歌が単調な為、カラオケとかで歌うと本人は気持ちがいいが周りはあまり盛り上がりません。どうでもいいですね。

そんな彼等の歌にもJAMという名曲がありましてこんな一節がございます

以下引用

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Good Night 数えきれぬ Good Night 罪を越えて
Good Night 僕らは強く Good Night 美しく
あの偉い発明家も 凶悪な犯罪者も
みんな昔子供だってね
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

引用終わり

good nightの所はグナーァーイと歌います。そんな事じゃない。

ゲハジは学校でいじめを受けたことがあります。まぁ自慢じゃないですが小学校のみならず中学校でもいじめられました。いじめは確かに褒められた行為ではありませんが、
①顔がキモイ。
②毎日同じような服を着て来る。
③スポーツも出来ない。
④テレビの話が分からない。
⑤放課後は誰とも遊ばない。
⑥変な宗教で運動会は休む…
等々いじめられる要素が充分すぎる程あったと言えます。

まぁほんとは①、②の理由がメインだったのでしょうが、気にしません。

で、小学校6年生になってもいじめは続いていました。
ある日の放課後、校舎の裏に呼び出され、複数の級友に殴る蹴るの暴行を受けたのです。ランドセルを摑まれて引き摺りまわされたりもしました。
走って逃げればええやんとお思いかもしれないですが、なぜかU字溝が袋小路状に積んである場所だったので逃げ場がありませんでした。

しかもこの時、暴行を働いたのはあろう事か女子なんですよ。

複数の女子に囲まれ、引き摺られ、蹴られる。なんて今書いていると、なんだか意外と楽しそうなシチュエーションですが、当時は女子の方が完全に体格が良くて本当に怖かったです。


そういえばこの頃、クラスでは交換日記盗み見事件というのがありました。交換日記とか言ってる時点で旧時代の遺物扱いを受けそうですが、当時はセルフフォンなど無い時代です。そんな時代背景の中、級友、それもお女子とのコミュニケーションの手段に交換日記がもてはやされていたのでした。

はい。当然ゲハジと交換日記をしてくれるような物好きは誰もいません。しかし周囲では「淳君、交換日記書いてきたよアップロードファイル」「うん、じゃあ次は僕の番だねアップロードファイル」なんて会話が交わされ、男女が楽しげに交換日記を行なっていたのです。

ゲハジも身分を弁えず果敢に「交換日記混ぜてよ」とか日記が夫婦なら不道徳極まりないセリフで、仲間になろうとチャレンジしたのですが、見事にシカト。
自分が石ころ帽子をかぶってないか確かめましたね。
露骨な女子なんかは「お前と話してない」とか言いやがるのです。
ウラミハラサデオクベキカ。

自分が恋心を抱く女の子は女子同士だけの交換日記をしていたのですが、

何が書いてあるんだろう。

好きな人の事とか書いているのかな。
とか妄想がふくらんでしょうがありませんでした。

そんなある日の授業終了後、なんかカオスと化した机の中を整理してたら、知らない間にみんな帰ってしまい、もの凄い孤独を感じたのですが、ある事実にゲハジは気付くのです。

「今なら、あの子の交換日記が読める!」

普通の子供なら、そんな悪い事はしないでしょう。しかし、僕は宗教の故にいじめられてる可哀相な人間だ。このくらい許される筈。そんな虫けらにも劣る言い訳を胸に好きな子の交換日記を読んだのでした。

はい。下手人は、私でした。

結局、その日記は殆どが暗号で書かれていて、好きな人と思しき名前も暗号だったのでどうしても気になりその子に「あの暗号の意味って何?」とか聞いてしまって盗み見たのが発覚したのでした。

うん、最低だ。しかもバカ。

で、その事を知った女の子の友達が逆上して僕を校舎裏に呼び出した訳です。

確かにちょっと恣意的に書いたところはありますが、一見すると加害者に見える彼女らが実は被害者だったわけで、その暴力行為にも至極正当な理由があったのです。

凶悪な犯罪者も
みんな昔子供だってね♪

こう考えると、家族や周囲の人に迷惑をかけ、社会の屑扱いされているJWの事を酌量したくなるのは僕だけでしょうか。彼らだって誰にも愛される純粋な子供の時代があった。僕らだって。

僕は何を思えばいいんだろう。
CM: 11
TB: 0

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。